2019年3月12日、メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店は、モビリティとリビングの未来の形を具現化した体験施設「EQ House(イーキュー ハウス)」を、東京・六本木に約2年間の期間限定でオープンする。(タイトル写真は、左がメルセデス・ベンツ日本の上野社長、右が竹中工務店の大神副社長)

メルセデス初のEV「EQC」も日本初お目見え!

東京・六本木の「メルセデス・ミー」に隣接して建てられた「EQハウス」は、ダイムラー社が2016年に提唱した中長期戦略「CASE」が普及した未来のライフスタイルを竹中工務店の最先端のデザインと技術で具現化した体験施設だ。

画像: EQハウス全景のイラスト。左側がメルセデス・ミー。

EQハウス全景のイラスト。左側がメルセデス・ミー。

日本で展開するEQモデルを展示するほか、さまざまなコラボレーションイベントやコンテンツを通じて、モビリティとリビングの未来の形を実際に体験できる。

建築にはAIを搭載することで、人とダイレクトに繋がることを可能にしたほか、デジタル情報を活用した最先端の設計・生産技術を採用している。

画像: EQハウスの内部。EQCの前のガラスが情報を表示するインターフェース。

EQハウスの内部。EQCの前のガラスが情報を表示するインターフェース。

建物中央に設置された透明なガラスインターフェースには情報が浮かびあがり、人の手の動きや声により照明や空調などの室内環境をコントロールすることができる。

さらに、AIを搭載することで個々の好みや快適性を学び、よりカスタマイズされた快適な空間で生活することが可能になる。

画像: 手の動きでガラスインターフェースに表示された情報を操作できる。

手の動きでガラスインターフェースに表示された情報を操作できる。

1200枚に及ぶ外観パネルは、1年365日の日照パターンすべてをシミュレーションした結果により最適な形状と配置を決定している。また、各パネルは個別のIDで管理され、スマートグラスなどのウェアラブルデバイスを通してタイムリーに設置場所などの必要な情報を提供し、建築現場での作業を支援する。

画像: EQハウス内部からルーフを見る。ハウス全体は約1200枚のパネルで構成されている。

EQハウス内部からルーフを見る。ハウス全体は約1200枚のパネルで構成されている。

EQハウスの建築面積は120.69平方メートル、延床面積は88.08平方メートルの地上1階鉄骨構造。
オープン期間は、2019年3月13日(水)から約2年間
営業時間は、10時〜20時
入場料は、無料
定休日は、メルセデス・ミーに準ずる

画像: 日本初お目見えのEQC。今回は外観のみ公開された。

日本初お目見えのEQC。今回は外観のみ公開された。

また、EQハウスの公開に合わせて、メルセデス・ベンツ初の電気自動車「EQC」も日本初公開された。同社では、2022年までに電気自動車を10モデル以上導入する予定だ。

EQCは80kWhのリチウムイオンバッテリーと、非同期式モーターを前後に2基備えた4WDで、欧州仕様では最高出力は300kW/408hp、最大トルクは765Nmを発生。最高速度は180km/h、0-100km/h加速は5.1秒と俊足。航続距離はWLTPで400km以上。日本仕様は、2019年央には正式発表される予定だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.