2019年3月11日、フランスのスーパーカーメーカーであるブガッティは、新型「ブガッティ ベイビーII」をジュネーブ国際モーターショーで発表した。

バッテリーとモーターで駆動する「ベイビーII」

イタリア出身のエンジニアでデザイナーのエットーレ・ブガッティが、1909年に自動車メーカー「Automobiles Ettore Bugatti」いわゆるブガッティを創設してから、2019年で110周年を迎える。これを記念したサプライズ誕生日プレゼントが、500台限定で用意された。

その名もブガッティ ベイビーII。

“II”とあるとおり実はこれ2代目だ。初代は創業者であるエットーレ・ブガッティが、1926年に彼の末っ子ローランド4歳の誕生日を祝うため、レーシングカー「タイプ35」をモチーフに開発されたもの。1/2の大きさにスケールダウンしたジュニアカーで、バッテリーとモーターをパワートレーンとして搭載し、後輪を駆動していた。その後1927年から1936年まで販売されたという。

画像: 4歳を迎えた末っ子のローランドのために、ハーフスケールのブガッティ ベイビーを開発。

4歳を迎えた末っ子のローランドのために、ハーフスケールのブガッティ ベイビーを開発。

画像: 1920年代の自動車レースで活躍したブガッティ タイプ35。

1920年代の自動車レースで活躍したブガッティ タイプ35。

それから90年以上が経過した2019年に登場したベイビーIIも、初代同様バッテリーEVだ。しかし、子ども用と侮ってはいけない。その駆動システムはマイクロカー顔負けの電動機構が組み込まれたスーパージュニアカーだ。

そもそもサイズからして、ジュニアカーと言うには大きすぎる。オリジナルのタイプ35を精密デジタルスキャンしたデータを基にスケールダウンしているとはいえ、縮尺は3/4……おおよそのサイズを計算してみると、全長は約2860mm、全幅1130mmだ。

このサイズ、スバル 360(全長2990×全幅1300mm)よりちょっと小さいくらいで、たたみ一畳(1820×910mm)よりはるかに大きい。子どもだけでなく、おとなも搭乗できるサイズのようだ。

画像: ブガッティ ベイビー(初代・左)とブガッティ ベイビーII(右)。

ブガッティ ベイビー(初代・左)とブガッティ ベイビーII(右)。

搭載されるモーターはふたつのパワーモードがあり、「チャイルドモード」は最高速20km/h、「アダルトモード」最高速45km/hだという。

オプションの「スピードキー」でアップグレードすれば、最大10kW(約13.4ps)にまでパワーアップし、スピードリミッターも解除できるという。さらに、LSD(limited slip differential)と回生ブレーキも搭載しているとプレスリリースには書かれている。

画像: ブガッティ ベイビーIIとシロン。

ブガッティ ベイビーIIとシロン。

フレンチレーシングブルーのボディカラーに、本革シート、タイプ35のスケールレプリカで8本スポークのアルミ合金製ホイール、各ホイールの最新ブレーキなどが採用されている。

極めつけはフロントノーズに飾られたブガッティのエンブレム「マカロン」バッジだ。車両価格3億円以上のシロンと同じく、50gの純銀製だという。2019年に注文した場合、ブガッティ110周年記念バッジも組み込まれるオマケ付きである。

ここまでくると、どんな価格を提示されるのか心配になってきただろう。受け止め方は様々だろうが、その価格はなんと3万ユーロ(税・送料込)、およそ375万円である。2019年3月11日AM9時に予約が開始されている。そして2019年秋に生産を開始するという。

画像: 純銀製だというブガッティのエンブレム、「マカロン」バッジ。

純銀製だというブガッティのエンブレム、「マカロン」バッジ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.