気温8度、路面温度19度というコンディションのなか、ナイトレース形式で行われた今シーズン開幕戦のカタールGP決勝は、5位までが0.6秒差という接戦でした! 

M.ビニャーレス(ヤマハ)が後退し、V.ロッシ(ヤマハ)が追い上げる!

迎えた決勝レース! 最初に前へ抜け出たのはドゥカティのエースであるドヴィツィオーゾ。1周目はそれをジャック・ミラー(ドゥカティ)、マルク・マルケス(ホンダ)、カル・クラッチロー(ホンダ)、中上貴晶(ホンダ)が追いかける展開になりました!

一方、ポールポジションのマーベリック・ビニャーレスは1周目7位。2周目は5位まで順位を回復しますが、4周目以降は7位を走り続けることに・・・。一方14位という下位からスタートした僚友のバレンティーノ・ロッシは、周回を重ねるごとに順調にポジションを前に進めていきました。

画像: ポールポジションながらポジションダウンしていくM.ビニャーレス(ヤマハ、左)。一方V.ロッシ(右)は4周目には、チームメイトの背後の8位までポジションを上げてきました! race.yamaha-motor.co.jp

ポールポジションながらポジションダウンしていくM.ビニャーレス(ヤマハ、左)。一方V.ロッシ(右)は4周目には、チームメイトの背後の8位までポジションを上げてきました!

race.yamaha-motor.co.jp

1周目から7周目までドヴィツィオーゾが首位を走りましたが、後方から追い上げてきたアレックス・リンス(スズキ)が8周目に首位に浮上! しかし彼のリーダーラップは3周にとどまり、11周目にはドヴィツィオーゾがトップの座を奪い返しました!

終始、上位争いの主役を演じたA.ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)。

www.insella.it

昨年の再現!? 接戦をアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が制す!

序盤から常に、トップ3圏内の位置をキープしていたマルケスは、終盤の21周目についに首位に浮上! 昨年の開幕戦カタールGPでは、0.023秒という僅差でドヴィツィオーゾに負けたマルケスのリベンジなるか! と盛り上がりましたが、昨年同様に最終的に軍配が上がったのはドヴィツィオーゾでした。

画像: 僅差でM.マルケス(ホンダ)との優勝争いを制したA.ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)。 www.motogp.com

僅差でM.マルケス(ホンダ)との優勝争いを制したA.ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)。

www.motogp.com

3位はクラッチロー、4位はリンス、そして5位にはダニロ・ペトロッチ(ドゥカティ)をかわして6位に退けたロッシが入賞! ポールポジションスタートのビニャーレスは、7位という彼にとっては非常に残念な結果に終わりました。

5位のロッシまでトップから0.6秒差という結果でしたが、レース後にロッシは、昨年同様リアタイヤのグリップに問題があり、最高速と加速力不足も明らかと課題を指摘。ヤマハファクトリーはドゥカティとホンダに対抗できるように第2戦以降どのような対策をするのか、注目したいです。

次戦アルゼンチンGPは3月31日決勝で開催されます。今年もアツいMotoGPの戦いを、みなさんで楽しみましょう!

MotoGP2019 カタールGP 決勝
1 A.ドビツィオーゾ Mission Winnow Ducati Ducati 42'36.902
2 M.マルケス Repsol Honda Team Honda +0.023
3 C.クラッチロー LCR Honda Honda +0.320
4 A.リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki +0.457
5 V.ロッシ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha +0.600
6 D.ペトルッチ Mission Winnow Ducati Ducati +2.320

MotoGP2019 ランキング(3月10日現在)
1 A.ドビツィオーゾ Ducati 25
2 M.マルケス Honda 20
3 C.クラッチロー Honda 16
4 A.リンス Suzuki 13
5 V.ロッシ Yamaha 11
6 D.ペトルッチ Ducati 10

This article is a sponsored article by
''.