ハンドルを代えれば、バイクの印象も一変する!

バイクの使い方や、体格、体力などに合わせてハンドルを変更しているライダーは多いと思いますが、その一方でノーマル状態にこだわっている人や、どんなハンドルに変更したら良いのかわからず、交換に踏み切れない、なんて人も多いのではないでしょうか。

もちろんノーマル状態は、スポーツ性や快適性など、モデルの特性に合った設定がされていますし、車両メーカーが万人向けに設定しているものですから、そのままでイイと言えばイイんですが、ハンドル交換によって、車両のイメージも、走行中にライダーがバイクから受ける印象も大きく変わるので、1度は試して欲しいカスタムでもあったりします。

そんな中、リプレイスのハンドルで有名な大阪のハリケーンが、大阪モーターサイクルショーでエストレヤをベースにした面白い展示車を用意しているとのこと。ショーの直前ではありますが、ひと足早くその展示車触れてきました!

セパレートハンドル

画像: セパレートハンドル
画像: セパハンは固定された状態で、交換して体感できるのはバータイプのハンドルのみです。

セパハンは固定された状態で、交換して体感できるのはバータイプのハンドルのみです。

エストレヤをベースにした写真の展示車両は、ハンドルの交換を容易に行なえるパーツが追加されており、同じバイクで次から次へとハンドル交換が出来てしまうんです。大阪モーターサイクルショーのハリケーンブースでは、数十本の形状が異なるハンドルが用意される予定で、ハンドルの違いを体験することができるんですねぇ。

ハンドル位置(グリップ位置)が変わることで、自分がどんな印象を受けるのか? どんなポジションが一番ラクチンなのか? やっぱり体験してみないと分かりませんから。

ノーマルに近い形状のハンドル

画像1: ノーマルに近い形状のハンドル
画像2: ノーマルに近い形状のハンドル

アップハンドル

画像1: アップハンドル
画像2: アップハンドル

さらに大幅アップハンドル

画像: ハンドル形状に合わせ、ちょっと表情が変わっております。

ハンドル形状に合わせ、ちょっと表情が変わっております。

画像: さらに大幅アップハンドル
画像: セパレートハンドル以外のバーハンドルは、このワンオフ固定機を使うことで、あっという間に交換可能!

セパレートハンドル以外のバーハンドルは、このワンオフ固定機を使うことで、あっという間に交換可能!

今年も各ブース共に、見どころ満載な内容となっている大阪モーターサイクルショーですが、ぜひハリケーンブースにも立ち寄って、このハンドルの違いを体験してくださいね!

撮影/南孝幸 モデル/葉月美優

ハリケーン 公式サイト

大阪モーターサイクルショー 公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.