サウナ発祥の地・フィンランドで1年以上のロングラン上映となった本格サウナ映画『サウナのあるところ』が2019年9月にアップリンク渋谷ほかにて全国順次公開されることが決定した。

日本の銭湯・温泉文化にも通じる“つながりの場”としてのサウナの魅力を探る

本作は、世界幸福度ランキング1位(2018年)となったフィンランドの人々の日常に、サウナがもたらす “幸せ” を考えさせる異色ドキュメンタリー。究極の癒しやデトックス、自分に戻る「ととのう」場としてだけでなく、日本の銭湯・温泉文化にも通じる、人とのつながりを感じる場としてのサウナの魅力を探っていく。

自宅やオフィスにあるプライベート・サウナから森の湖畔や街の中のパブリック・サウナ、時には電話ボックスをDIYしたモバイル・サウナまで、様々な場で日常的にサウナを楽しむ国・フィンランド。日本人以上にシャイで寡黙と言われるフィンランドの男たちが、身も心も裸になったサウナの中では朴訥と自分語りを始め、悩みを打ち明け、次々と号泣する。いったい彼らにとって“サウナ”とは何なのか?

日本でも「サ活」や「サウナー」が増殖し、空前のサウナブームが到来中。サウナ発祥の地・フィンランドから届いた本格サウナ映画が、フィンランド・日本外交関係100周年記念の年となる2019年、満を持して公開される。

サウナのあるところ
2019年9月、アップリンク渋谷ほか全国順次公開
配給:アップリンク+ kinologue
©2010 Oktober Oy.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.