メルセデス・ベンツのハイパフォーマンス部門として知られるAMGだが、もともとはプライベートチームのためのレースチューナーだった。そんなAMGにとって、1971年の300SEL 6.8 は今もブランドを象徴するモデルとなっている。

AMGの原点というべき1971年スパ・フランコルシャン24時間

1971年、当時高い人気を誇っていた欧州ツーリングカー選手権(ETC)に、AMGは満を持してメルセデス・ベンツ 300 SEL 6.3を持ち込んだ。ノーマルで最高出力230psだった6.3L V8SOHCエンジンを6.8Lに拡大しDOHC化、そのパワーは428psに達していた。

そしてETC第5戦スパ・フランコルシャン24時間で、アルファロメオやフォードを相手に総合2位でフィニッシュ。大きなボディの4ドアセダンがとんでない速さで駆け抜ける姿は驚くべきもので、たちまち「世界最速の4ドアセダン」として知れ渡ることになる。

AMGが誕生したのはその4年前の1967年のこと。ダイムラーベンツ社でレース用エンジン開発部門にいたハンス・ヴェルナー・アウフレヒトとエアハルト・メルヒャーによって設立された。

当時メルセデス・ベンツは表向きこそモータースポーツから撤退していたが、プライベートで参戦する顧客のためにレースエンジンを開発する部署があり、ふたりが手がけたエンジンを搭載するマシンは大きな成果を上げていた。

しかしそれでも本気でレースに乗り出さない会社に見切りをつけて、ふたりは自分たちの会社を設立することになる。それがAMGだった。

AMGとは、アウフレヒトの「A」、メルヒャーの「M」、そして会社のあったグローザスバッハ(ドイツ南部の田舎町)の「G」を組み合わせたものだった。

1971年の300SEL 6.8 で大成功を収めたAMGには、その後ユーザーが殺到。AMGはエンジンだけでなくサスペンションやシャシも手がけるチューナーとして発展していくことになる。

そして1999年にはメルセデス・ベンツの傘下に入り、AMGは今ではメルセデス・ベンツのハイパフォーマンス部門として高性能エンジンを搭載したモデルを担当するほか、アルミホイールやエアロパーツの開発も行っている。

F1やDTMなどメルセデス・ベンツのモータースポーツ活動の「顔」ともなっているAMGにとって、1971年の300SEL 6.8 AMGは、忘れることのできない記念碑的モデルと言えるだろう。

画像: 今に続く豪快な走りのイメージは300 SEL 6.8 AMGにも感じられる。現在、AMGの本社はドイツのアファルターバッハ(Affalterbach )に置かれている。

今に続く豪快な走りのイメージは300 SEL 6.8 AMGにも感じられる。現在、AMGの本社はドイツのアファルターバッハ(Affalterbach )に置かれている。

メルセデス・ベンツ 300 SEL 6.8 AMG 主要諸元 

●ホイールベース=2865mm
●エンジン=V8DOHC
●排気量=6.8L
●最高出力=428ps
●最高トルク=600Nm
●駆動方式=FR

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.