空力特性向上のために、テールカウル内部に空気を流す部分を設けるというデザインも最新のYZF-R1やR6から踏襲。コンパクト化も追求しているが、しっかりとタンデムも可能な造りになっている。
記事本文に戻る

人気記事

This article is a sponsored article by
''.