そのままの形で市販版が登場する可能性が高そう!

2018年秋、インターモトのホンダブースではなく、同時開催されたパリのモーターショーで世界初公開されたのが、この「ネオ・スポーツ・カフェ・コンセプト」。

かつて東京モーターショーで公開され、のちにCB1000Rとして市販されたコンセプトモデルと同名だが、こちらは1000ccではなく、ミドルクラスのバイクとされている。

そのことを示しているのが、特徴的なエキゾーストパイプ。

画像1: そのままの形で市販版が登場する可能性が高そう!

車体右側に綺麗に寄せて揃えられているこのエキゾーストパイプのレイアウトは、CB650Fをベースとしたもので、かつてイタリアホンダが製作したカフェコンセプトのものにもよく似たもの。

そう、このコンセプトモデルは、CB1000Rをフラッグシップに、CB125Rまでラインアップされている、水冷スポーツCBシリーズのミドル版、CB650Rのプロトタイプである可能性が高いのだ。

画像2: そのままの形で市販版が登場する可能性が高そう!

CB1000Rの時は、コンセプトモデルそのままの形で市販モデルが登場したように、今回のコンセプトモデルもそのまま市販版が登場する可能性が濃厚。

ヘッドライト周辺の造形は若干変わる可能性があるが、逆スラントしたアルミ仕上げのシュラウドや、ボリューミーなタンク形状などはおそらくそのまま引き継がれるだろう。

市販バージョンの早い登場に期待したい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.