薄型のアルミ製ツインチューブフレームは剛性確保と軽量化のため、ヘッドパイプ廻りやピボット部にアルミ鋳造パーツを使用、ねじれやたわみの均一化を図った。RVF伝統の高剛性の片時ちプロアームも引き続き採用。
記事本文に戻る

人気記事

This article is a sponsored article by
''.