FCRキャブ、アルミタンクを装備カワサキ初の本格750レプリカ

80年代前半のカワサキはレース活動から手を引いた時期もあったため、レーサーレプリカには力を入れていなかった。

しかしバイクブームに合わせて、80年代後半にはレーサーレプリカの開発をスタート。

こうして他メーカーに比べ出遅れたカワサキ製レプリカ、初の750㏄モデルとなったのがZXR750だ。

画像1: FCRキャブ、アルミタンクを装備カワサキ初の本格750レプリカ

デビューは89年、GPX750Rベースのエンジンをアルミ製e‐BOXフレームに搭載したモデルだった。

RC30やOW01のようなレース向けモデルの登場は、91年のモデルチェンジを待たねばならない。

91年モデルはサイドカムチェーンを採用し、ショートストローク化もされたコンパクトな新型エンジンを、軽量なアルミ製ツインスパーフレームに搭載。

画像2: FCRキャブ、アルミタンクを装備カワサキ初の本格750レプリカ

フロントフォークも倒立タイプを採用していた。

そしてこのモデルから発展、250台限定で販売されたレース用ベースモデルがZXR750Rというわけだ。

FCRキャブレターにクロスミッション、FRP製シングルシート、アルミ製タンク、前後フルアジャスタブルサスなど各部パーツを大幅にグレードアップすることで、サーキットでの本格的な走りを可能にしている。

SPECIFICATION
■全長×全幅×全高:2085×730×1120㎜ 
■ホイールベース:1420㎜ 
■シート高:780㎜ 
■乾燥重量:188㎏ 
■エンジン形式:水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒 
■総排気量:749㏄ 
■ボア×ストローク:71.0×47.3㎜ 
■圧縮比:11.5 : 1 
■最高出力:77PS/9000rpm 
■最大トルク:6.9㎏-m/7000rpm 
■燃料供給方式:キャブレター 
■燃料タンク容量:18ℓ 
■変速比:1速 2.375/2速 1.894/3速 1.619/4速 1.409/5速 1.291/6速 1.200/ 
■キャスター角/トレール:24°30'/95㎜ 
■変速機形式:6速リターン 
■ブレーキ形式 前・後:ダブルディスク・ディスク 
■タイヤサイズ 前・後:120/70R17・170/60R17

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.