2019年3月5日、マツダは新世代商品の第二弾となる新型コンパクトクロスオーバー「マツダ CX-30(シーエックス サーティー)」を世界初公開し、3月7日〜17日まで開催されるジュネーブモーターショーで一般公開する。

「CX-30」は、マツダの新たな基幹車種となる

CX-30は、マツダのデザインテーマ「魂動デザイン」を具現化したエレガントなスタイルと、SUVらしい力強さとを融合させた新しいコンパクトクロスオーバーだ。全長4395×全幅1795×全高1540mm、ホイールベースは2655mmと、サイズ的にはCX-3とCX-5の間になる。

「日々の生活の中で、大切な人と新しい発見や刺激を感じ、人生を豊かに過ごしていただきたい」との想いを込めて開発された。

画像1: 「CX-30」は、マツダの新たな基幹車種となる

家族や友人と、どこにでも気軽に出かけ、歓びを分かち合えるよう、大人4人がゆったりと座れる空間と、くつろげる使い勝手の良いパッケージングを実現している。

さらに乗用車よりも高い車高による視認性や乗降性の良さに加え、道幅や駐車場を選ばない小回りが利くボディサイズがもたらす運転のしやすさを追求している。

画像2: 「CX-30」は、マツダの新たな基幹車種となる

またマツダ独自の人間が持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した新世代車両構造技術「SKYACTIV-ビークル アーキテクチャー」や、最新の「SKYACTIV-X」を始めとする幅広い走行シーンで意のままの加減速を可能にするSKYACTIVエンジンシリーズを搭載し、走る・曲がる・止まるといったクルマの基本性能を飛躍的に向上させている。
2Lガソリンと1.8Lターボディーゼルに加え、SKYACTIVーXやM-ハイブリッドも設定される。ミッションは6速MTと6速ATが組み合わされる。

画像3: 「CX-30」は、マツダの新たな基幹車種となる
画像4: 「CX-30」は、マツダの新たな基幹車種となる

CX-30はマツダの新たな基幹車種として、2019年夏より欧州から順次グローバルに販売開始予定。気になる日本デビューだが、2019年の東京モーターショーでお披露目され、年内には市販モデルが発表されるのではと噂されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.