市販スーパースポーツの頂点、それは8耐マシンだった

80年代半ば、時はまさにバイクブーム絶頂期、国内のロードレース人気も最高潮に達していた。

そんなレースの中でも見る人だけでなく参加する人まで含めて、最も注目度の高いイベントが夏の盛りに開催される鈴鹿8耐だったろう。

国内各メーカーがワークスチーム、サテライトチームを複数送り込み、さらに現役の世界GPライダーまで呼び寄せてなりふり構わず優勝を狙いに行くという、世界GP以上に注目される特別な1戦。

そしてそんな8耐で活躍する市販車ベースの4スト750㏄のTT‐F1マシンこそ、市販スーパースポーツの頂点として多くのライダーから憧れの視線を注がれるようになっていった。

画像: 市販スーパースポーツの頂点、それは8耐マシンだった

そんな80年代半ばの8耐で圧倒的な強さを誇っていたマシンが、ホンダのワークスTT‐F1マシン・RVF750だった。

独特のサウンドを放つ強力なV4エンジンをコンパクトなボディに積んだRVFは、8耐で育ち世界GPでその名を轟かせつつあったW・ガードナーの豪快なライディングによって85・86年と8耐を連覇。

V4マシン・RVFの戦闘力の高さを見せつけたが、この当時RVFのベースとなったVFRシリーズには純スーパースポーツは存在しなかったのだ。

当然のように、世界中のライダーはRVF直系のスーパースポーツを待望した。

レーサーレプリカではないこだわりぬかれた「本物」

そんな声に応え87年に姿を現したのがVFR750Rだ。

形式名「RC30」と呼ばれる方が多いこのモデル、何から何まで特別だった。

そもそもRC30はプライベーター向けのレースベース車両として開発された。

画像: 30年以上経過しても色あせない 個性的なデザインと 本物の技術力

30年以上経過しても色あせない
個性的なデザインと
本物の技術力

そう、レプリカではなく、ある意味本物のレーサーなのだ。だからこそ最強マシンであるRVFで得られたノウハウが惜しみなく注ぎ込まれた。

VFR系のV4エンジンは2本リングの専用ピストン、チタンコンロッドなどレーサーそのもののパーツを使い、レースで使うことを前提に大幅リファイン。

さらに剛性の高いフレームやディメンションもRVF直系、8耐でタイヤ交換を短縮するために採用された片持ちのプロアームもRVFそのもの。

画像: #71は1987年型のワークスマシンRVF750。一見しただけではタイヤと保安部品の有無以外、その違いがわからないほど。まさに「レーサーレプリカ」を象徴する写真だ。

#71は1987年型のワークスマシンRVF750。一見しただけではタイヤと保安部品の有無以外、その違いがわからないほど。まさに「レーサーレプリカ」を象徴する写真だ。

全身に及ぶこだわりは世界の度肝を抜いた。

当然価格も平均的な750㏄マシンの約2倍、当時市販車最高の148万円で、国内1000台の限定販売。

ところが3000台を越える購入申し込みが殺到し、抽選が行われることになるほどの大人気!

レース用だけでなく、多くの一般ライダーがRC30の「本物」なところにノックアウトされたというわけだ。

だからこそ発売から30年を経た現在まで、愛され続けるモデル足りえているのだろう。

画像: レーサーレプリカではないこだわりぬかれた「本物」

SPECIFICATION
■全長×全幅×全高:2045×700×1100㎜ー
■ホイールベース:1410㎜ 
■シート高:785㎜ 
■車両重量:180㎏ 
■エンジン形式:水冷4ストロークDOHC4バルブV型4気筒カムギアトレーン 
■総排気量:748㏄ 
■ボア×ストローク:70.0×48.6㎜ 
■圧縮比:11.0 : 1 
■最高出力:77PS/9500rpm 
■最大トルク:7.1㎏f・m/7000rpm 
■燃料供給方式:キャブレター(VDHO)
■燃料タンク容量:18ℓ 
■変速比:1速 2.400/2速 1.941/3速 1.631/4速 1.434/5速 1.291/6速 1.192/ 
■キャスター角/トレール:24°50'/91㎜ 
■変速機形式:6速リターン 
■ブレーキ形式 前・後:ダブルディスク・ディスク 
■タイヤサイズ 前・後:120/70-17・170/60 R18

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.