覚えている最初のスペシャルマシンは乾式クラッチ、シングルシートの、あの油冷ナナハンだろうか。

TT‐F1チャンピオン獲得記念の500台記念モデルその名を、スズキGSX‐R750Rといった。

それからも、レース対応に即したリミテッドモデルを中心にコストを度外視した、マニア垂涎の少量生産のプレミアムモデルもあった。

値段じゃない、限定生産の台数の多寡でもない。

一度は乗りたい、人生をかけて所有してみたい──。

そう思わせる魅力が、オーラが、存在感がスペシャルだ。

価格だけじゃない、スペックだけじゃない。

プレミアムなオートバイとは、存在自体がスペシャルなモデルのことだ。

いま、世の中にある数多のプレミアムモデルでは、

やはりホンダのこの2台が突出していると言えるのではないだろうか。

モトクロッサーとMotoGPマシンという、本来は一般のライダーが触れることすら許されない孤高のレーシングマシンをルーツにもつーCRF450LとRC213V-Sというドリームバイク。

人生で、一度は乗りたいオートバイって、きっとある。

画像1: ハイスペックな相棒と疾走れ!麗しのスペシャルマシン『HONDA CRF450L/RC213V-S』
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.