首全体を覆い尽くすほどの高さが暖かさの秘密

ウインターシーズン対応のジャケットは首回りの防寒性、保温性に配慮して襟を高めにしてあるが、高過ぎると首に当たって窮屈なので「ほどほど」の設定になっていることが多い。

首に直接冷気が当たると寒さが倍増するし、さらに胸元まで冷気が入ることもある。

そんなときに有効なのがネックウォーマー。

画像: 価格:3240円 [サイズ] フリー[カラー] ヘキサブラック、ブラックロゴ、カモフラージュ、オレンジ [ 問 ] アールエスタイチ TEL.072-874-3268 http://www.rs-taichi.co.jp/

価格:3240円
[サイズ] フリー[カラー] ヘキサブラック、ブラックロゴ、カモフラージュ、オレンジ
[ 問 ] アールエスタイチ TEL.072-874-3268 http://www.rs-taichi.co.jp/

首全周を覆う形で保温性が高く、胸元に侵入する冷気も防いでくれる。

マフラーを巻いて代用している人も見かけるが、走行中に巻きが解けてリアホイールに絡まり、大きな事故に繋がった例もある。

僕は今シーズンからアールエスタイチのボアフリースネックウォーマーを使っているが、外側の防風生地と内側のボアフリース生地で暖かさ抜群。

画像: 首全体を覆い尽くすほどの高さが暖かさの秘密

首元が完全に覆われ、ヘルメット下側からの風も遮ってくれる。

スタイリッシュだとは思わないが、気温一桁以下になったら迷わず装着。

フルフェイスヘルメットと組み合わせれば嘘のように暖かです。

Photo:赤松 孝、南 孝幸 Model:梅本まどか Tester:太田安治

カラーバリエーションも豊富にラインアップ!

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.