2019年3月2日、鈴鹿サーキットで開催された「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」のなかで、2019年スーパーフォーミュラの開催概要が発表された。

ニューマシン、ダラーラ SF19がデビュー

日本のモータースポーツの最高峰とされる「スーパーフォーミュラ」はF1グランプリに繋がる世界的にもレベルの高いシリーズで、予選はノックアウト方式、決勝レースは250kmディスタンスが基本で、タイヤはヨコハマのワンメイクと、F1に準じたフォーマットで行われている。

今回発表された2019年シーズンは、4月から月に1度の間隔でレースが開催され、開幕戦鈴鹿、第2戦オートポリス、第3戦スポーツランドSUGO、第4戦富士スピードウェイ、第5戦ツインリンクもてぎ、第6戦岡山、最終戦鈴鹿の全7戦というスケジュール。エントリーリストには新人7名を含む、7カ国20名の精鋭ドライバーが顔を揃えている。

今シーズンのポイントは、マシンをオーバーテイクが可能となることをコンセプトにデザインされたダラーラ製SF19に変更し、さらに新しいオーバーテイクシステム(OTS)を採用したこと。これにより、これまで以上にエキサイティングなレース展開が期待される。安全面ではドライバー保護デバイス“ハロ”を導入したのも大きなトピックスだ。

エンジンは2L直4ターボで、現在、トヨタTRDとホンダM-TECから供給されている。タイヤはヨコハマのワンメイクで、レースには2スペックが用意される。赤いラインが入っているのがソフトタイヤだ。

なお、この発表のあと、3月2日〜3日にわたり、「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」のなかで合同テストも行われた。

画像: 「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で、2019年のスーパーフォーミュラに参戦する各チーム、ドライバーの紹介が行われ、そのあと、鈴鹿サーキットで合同テストも行われた。

「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で、2019年のスーパーフォーミュラに参戦する各チーム、ドライバーの紹介が行われ、そのあと、鈴鹿サーキットで合同テストも行われた。

2019年スーパーフォーミュラ スケジュール

画像: 2019年スーパーフォーミュラ スケジュール

2019年スーパーフォーミュラ エントリーリスト

画像: 2019年スーパーフォーミュラ エントリーリスト

2019年スーパーフォーミュラ マシン主要諸元

画像: 2019年スーパーフォーミュラ マシン主要諸元
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.