3月1日より4月に発表及び発売予定のボルボ新型V60クロスカントリーの予約注文が開始された。

先進の安全・運転支援技術を搭載

ボルボV60クロスカントリーの新型が4月からの発表・発売予定を受け、3月1日より予約注文が全国のボルボディーラーで開始された。

新型V60クロスカントリーは、ミッドサイズのステーションワゴンV60をベースに作られたクロスオーバーモデルで、最低地上高をベース車比65mm高めて210mmとし、高いラフロード性能の確保を目指している。

パワートレーンは、2リッター4気筒直噴ターボエンジンに8速ATが組み合わされる。駆動はAWDで、新型V60シリーズのガソリンモデルとしては初となる。

ボルボのアイコンともいえる先進安全・運転支援機能も充実が図られている。対向車対応機能を加えた「歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・被害軽減ブレーキ・システム」や「全車追従機能付ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)」、「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)を始め、16種類以上の先進安全・運転支援機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」が標準装備となっている。

車種体系は、従来のモメンタムに相当するクロスカントリーと上級仕様のサマムに相当するクロスカントリー プロの2つとなる。

■車両価格
V60クロスカントリーT5AWD=549万円(税込)
V60クロスカントリーT5AWDプロ=649万円(税込)

画像: タフな走りが期待できる1台だ。

タフな走りが期待できる1台だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.