2019年2月28日、2019年F1の第2回プレシーズンテストの3日目がスペイン・バルセロナのカタルニアサーキットで行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールが1分16秒231のトップタイムをマーク。トロロッソのアレクサンダー・アルボンも1分16秒台を記録した。

レッドブルのガスリーはクラッシュでテスト切り上げ

2019年F1オフィシャルプレシーズンテスト第2回も3日目。この日は全10チームの10人のドライバーがコースイン、フェラーリのシャルル・ルクレールが最もソフトなC5タイヤで1分16秒231のトップタイムををマークした。

このタイムは昨年のスペインGPでルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が予選で記録した1分16秒173に迫る好タイム。それでもルクレールは「まだ全開ではない」とコメント。15秒台も見えてきた。

2番手タイムはトロロッソのアレクサンダー・アルボンの1分16秒882。現段階ではまだラップタイムは大きな意味を持たないとはいえ、初めてのF1ドライブとは思えないパフォーマンスに注目が集まっている。

アルボンは走行後、「多くの周回をこなすことができたので、ウインターテストにはとても満足しています。この冬の開発の成果が本当に分かるのはメルボルンまで待たなくてはなりませんが、少なくともこのテストでの成果については満足できるのではないでしょうか。今日も100周を越える周回を走ることができましたが、この結果はチームのハードワークとHondaの信頼性を証明していると思います。総合的にマシンの感触はよく、悪い意味での驚きになるような問題もありません」とコメントしている。

ホンダのもうひとつのチーム、レッドブルはピエール・ガスリーが走行を担当。クラッシュのため65周の走行に終わったが、4番手のタイムをマークした。

プレシーズンテストもあと1日。各チームはメルボルンの開幕戦に向けて最終調整に入る。

画像: テスト2回3日目は10人のドライバーがコースイン。メルセデスAMGはまだ目立ったタイムを出していない。

テスト2回3日目は10人のドライバーがコースイン。メルセデスAMGはまだ目立ったタイムを出していない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.