1997年にセリカにかわって登場したカローラ WRC。わずか2年のWRC参戦だったが、強烈なインパクトと実績を残して突然WRCから姿を消していった。エンジン規定などは異なるが、このモデルが現在のヤリスWRCにつながっている。

欧州仕様のカローラをベースにした「WRカー」

1995年にWRC活動休止を余儀なくされたトヨタは、1998年のカローラWRCでラリーに復帰する。

セリカで一時代を築いたトヨタだったが、ラリーの主役はすでにグループAから、ベース車両の生産台数規則が緩和されたワールドラリーカー(WRカー)となっていた。また、道幅が狭くツイスティなラリーではセリカの大柄なボディが通用しなくなっていたため、ベース車両には欧州で販売されていたカローラの3ドアハッチバックモデルが選ばれた。

こうして、コンパクトなカローラ3ドアハッチバックにセリカ譲りの3S-GTエンジンと4WDシステムを搭載、一線級のWRカーが出来上がった。

カローラWRCは、1997年のテスト参戦デビューを経て、1998年から本格参戦を開始。いきなり三菱と最後までチャンピオン争いを繰り広げる活躍を見せ、2年目の1999年にはサインツ、オリオールが着実にポイントを積み重ねて、トヨタに3度目のマニュファクチャラーズタイトルをもたらした。

しかし、カローラWRCでの参戦はわずか2年、このシーズンをもってトヨタは再びWRC活動を休止を発表。トヨタ/TTEはF1への参戦準備へと向かうことになる。

画像: ペースモデルに必要な生産台数は2500台、ワイドボディ化、4WDへの改造、リアサスペンション形状の変更、同一メーカー車に搭載されているエンジンへの換装やターボの付加など、大幅な改造を認められたWRカー。この規定により参加メーカーが増えた。

ペースモデルに必要な生産台数は2500台、ワイドボディ化、4WDへの改造、リアサスペンション形状の変更、同一メーカー車に搭載されているエンジンへの換装やターボの付加など、大幅な改造を認められたWRカー。この規定により参加メーカーが増えた。

画像: セリカに搭載されていた3S-GT改エンジンと4WDシステムを移植。ワークス活動休止後もプライベーターたちの手によって活躍するなど、そのパフォーマンスは高く評価された。

セリカに搭載されていた3S-GT改エンジンと4WDシステムを移植。ワークス活動休止後もプライベーターたちの手によって活躍するなど、そのパフォーマンスは高く評価された。

カローラ WRC(1997年 プロトタイプ) 主要諸元

●全長×全幅×全高=4100×1770×1365mm
●ホイールベース=2465mm
●車両重量=1230kg
●エンジン=直4DOHCターボ
●排気量=1988cc(3S-GT改)
●最高出力=299ps/5700rpm
●サスペンション=前後マクファーソンストラット
●駆動方式=4WD

メガウェブ ヒストリーガレージ

東京・青海、トヨタのテーマパーク・メガウェブの隣のヴィーナスフォート内にある展示スペース。トヨタをはじめとする世界のヒストリックカーが展示されていて、“クルマの歴史”を見ることができる。モータースポーツの歴史に関するコーナーもあり、自動車の再生工房「レストアピット」では名車の復元作業も見学可能。ノスタルジックな街並には、展示車だけでなく、ミニカーショップ、カフェなどもがあり、ゆっくりと雰囲気を楽める。 1Fのカフェバーに隣接するショップ「グリースGPS」では、レースなどモータースポーツで活躍したクルマのミニカーを販売。2Fの奥、非売品だがやはりモデルカーや書籍が並ぶ「コリドー」も見応えがある。

画像1: メガウェブ ヒストリーガレージ
画像2: メガウェブ ヒストリーガレージ

●住所:東京都江東区青海1丁目3-12
●入館料:無料 
●休館日:不定休/時間:11:00〜21:00(施設により異なる)
●駐車場:なし(ヴィーナスフォートパーキングをご利用ください) 
●問い合わせ先:☎03-3599-0808●クルマでのアクセス:首都高速湾岸線 臨海副都心出口/有明出口より約5分/首都高速11号台場線下り台場出口より約5分
●公共交通機関でのアクセス:りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩約3分/新交通ゆりかもめ「青海」駅直結、「お台場海浜公園」駅より徒歩約7分

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.