放映開始12年目に入り、チャンネル登録者数も8万人超のモーターマガジンMovie「竹岡 圭の今日もクルマと・・・」。その中から特にアクセスの多かったコンテンツを紹介していきます。今回のお届けは、ミニ初のプレミアム・コンパクト・セグメントモデルのミニ クラブマンの試乗です。(2015年9月FMC/2017年1月車種追加)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー「ミニ  クラブマン」(2015年12月放映)

新たな時代に入ったミニ ファミリー

「ミニだけどミニを超えたミニ」。ミニ クラブマンの開発コンセプトです。ミニ3ドアや5ドアを代表とする従来のミニがプレミア・スモール・セグメントであるのに対して、ミニクラブマンは一回り体の大きくなったプレミアム・コンパクト・セグメントとして登場しました。

スモールとコンパクトの違いはサイズアップだけなのでしょうか? ミニオーナー(取材当時はミニ5ドア、現在はミニクロスオーバー)である竹岡圭さんは、内外装を入念にチェックしていますが、上質感の増した全体の仕上りに前述のコンセプトを体感できた様子です。

その上で、従来のミニの特長ともいえる“オン・ザ・レール”感のある走りが引き継がれていたことに満足していました。

画像1: 新たな時代に入ったミニ ファミリー
画像2: 新たな時代に入ったミニ ファミリー
画像3: 新たな時代に入ったミニ ファミリー
画像4: 新たな時代に入ったミニ ファミリー
画像5: 新たな時代に入ったミニ ファミリー
画像6: 新たな時代に入ったミニ ファミリー
画像: MINI クラブマン MINI初のプレミアムコンパクト TestDrive youtu.be

MINI クラブマン MINI初のプレミアムコンパクト TestDrive

youtu.be

竹岡圭のインプレ動画バックナンバー

■ミニ クラブマン クーパー主要諸元

●全長×全幅×全高=4270×1800×1470mm
●ホイールベース=2670mm
●車両重量=1470g
●エンジン= 直3 DOHCターボ
●排気量=1498cc
●最高出力=136ps/4400rpm
●最大トルク=220Nm/1250-4300rpm
●駆動方式=FF
●トランスミッション=6速AT
●車両価格=351万円(税込)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.