ルノージャポンは、人気のモデル「カングー」に、イースター(復活祭)を象徴する「卵」をイメージしたボディカラーの限定車、カングー クルールを3月7日から販売する。限定200台。

カングー クルール、って?

ルノー・カングーは、欧州ではルドスパス(遊びの空間)と呼ばれて親しまれているモデル。現行型2代目(通称デカングー)は2009年に日本に上陸、そのユーティリティや開放感から多くのファンがおり、毎年、カングーだけでも1000台以上が集まるオーナーミーティング、「カングージャンボリー」も開催されている。

カングー クルールは、そんな人気のカングーを日本オリジナルのボディカラーで彩った限定車。今回のモデルで第9弾となる。

今回のボディカラーは「イヴォワール」。これは生命の復活を祝い、春を告げる祭りとしてフランス人が待ち焦がれるイースターで、子どもたちが夢中になって探し回るイースターの象徴である「卵」をイメージした色だそう。

販売台数は200台となる。

いままでにも数々の多彩なクルールが登場したが、それらは毎回ほぼ即売状態だったので、今回もそうなることは必至。このボディ色が気に入った人は、すぐにディーラーに足を運んだほうがいい。

カングー クルール専用装備

●専用ボディカラー 
●ボディ同色フロントグリルブレード 
●ブラックフロントバンパー/ブラックリアバンパー/ブラックドアミラー

車両価格 259万9000円
販売台数 200台(EDC)
ベースグレード:ルノー カングー ゼンEDC

画像: 前後ブラックバンパーを採用。

前後ブラックバンパーを採用。

画像: ボディ同色のグリルブレード。

ボディ同色のグリルブレード。

画像: 今回のカングー クルールは6速EDC(DCT)モデルのみ。

今回のカングー クルールは6速EDC(DCT)モデルのみ。

画像: シート。

シート。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.