今回は、専用装備盛りだくさんでスポーティな「W800 CAFE」を中心にご紹介!

新型W800はビキニカウルやスワローバー、カフェシートを備えた「カフェ」と、アップハンドルでカウルなし、ブラックアウトされたデザインに仕上げられている標準仕様「ストリート」の2種がラインナップされます。

「W800 CAFE」のカラー設定は「メタリックマグネシウムグレー×ギャラクシーシルバー」のみ。「W800 STREET」とともに、いよいよ2019年3月1日(金)から発売開始!

「W800 CAFE」のメーカー希望小売価格は税込111万2400円です。

画像: ヘッドライトはLED化され、ビキニカウルが組み合わされました。Z900RSカフェとそっくりで、熱い走りを予感せずにはいられないフロントマスク。

ヘッドライトはLED化され、ビキニカウルが組み合わされました。Z900RSカフェとそっくりで、熱い走りを予感せずにはいられないフロントマスク。

画像: カラーリングは写真の「メタリックマグネシウムグレー×ギャラクシーシルバー」のみの設定です。

カラーリングは写真の「メタリックマグネシウムグレー×ギャラクシーシルバー」のみの設定です。

画像1: 今回は、専用装備盛りだくさんでスポーティな「W800 CAFE」を中心にご紹介!
画像: ベベルギアでカムシャフトを駆動するバーチカルツインは、空冷式のままEURO4の環境規制に適合し、最大トルクも向上しています。

ベベルギアでカムシャフトを駆動するバーチカルツインは、空冷式のままEURO4の環境規制に適合し、最大トルクも向上しています。

画像2: 今回は、専用装備盛りだくさんでスポーティな「W800 CAFE」を中心にご紹介!
画像: メーターはトラディショナルな二眼式。速度計の液晶画面でオド、トリップ、時計を切り換え表示し、右のタコメーター内に各種インジケーターを配備。

メーターはトラディショナルな二眼式。速度計の液晶画面でオド、トリップ、時計を切り換え表示し、右のタコメーター内に各種インジケーターを配備。

画像: 燃料タンクは従来モデルの14Lから容量をアップし、15Lとなっている。

燃料タンクは従来モデルの14Lから容量をアップし、15Lとなっている。

画像: スタイリッシュなカフェシートは、ツートーン仕上げ。

スタイリッシュなカフェシートは、ツートーン仕上げ。

画像: コンパクトなスイッチ類が並ぶハンドルバー。 「CAFE」はグリップヒーターも標準装備 です!

コンパクトなスイッチ類が並ぶハンドルバー。「CAFE」はグリップヒーターも標準装備です!

画像: 完全リニューアルとなったダブルクレードルフレーム。パイプの外径を変えずに、必要に応じて厚みを調整することで最適化。写真のグリーンの部分は、厚みの変更が行なわれた箇所です。

完全リニューアルとなったダブルクレードルフレーム。パイプの外径を変えずに、必要に応じて厚みを調整することで最適化。写真のグリーンの部分は、厚みの変更が行なわれた箇所です。

画像: 「W800 CAFE」と「W800 STREET」のライディングポジション比較。赤いラインは「STREET」。ハンドル位置と、シート形状がだいぶちがいますね。

「W800 CAFE」と「W800 STREET」のライディングポジション比較。赤いラインは「STREET」。ハンドル位置と、シート形状がだいぶちがいますね。

【W800 CAFE 主なスペック】《 》内はW800 STREET
 
全長×全幅×全高:2,135×825×1,135㎜《2,135×925×1,120㎜》
ホイールベース:1,465㎜
最低地上高:130㎜
シート高:790㎜《770㎜》
車両重量:187㎏
エンジン形式:空冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:773㏄
ボア×ストローク:77.0×83.0㎜
圧縮比:8.4
最高出力:38kW(52PS)/6,500rpm
最大トルク:62N・m(6.3kgf・m)/4,800rpm
燃料タンク容量:15L
変速機形式:5速リターン
キャスター角:24.00゜
トレール量:100㎜
タイヤサイズ(前・後):100/90-18M/C (56H)・130/80-18M/C (66H)
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク

W800 STREET の詳細はコチラ!

画像: W800 STREET の詳細はコチラ!

オフィシャルの特設サイトがめちゃくちゃかっこいい!!

カワサキモータースジャパン 公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.