SFの魅力を引き立てる魅惑のパーツとセッティング

CB1300SFはビッグネイキッドとして不動の人気を誇るロングセラー。

新たに加わったこのSPは、専用セッティングを施したオーリンズのサスを前後に装備したモデルだ。

もともと、SFは迫力と高級感を併せ持つフォルムに、素直だが大型バイクらしいどっしりとしたハンドリングがある。

画像1: SFの魅力を引き立てる魅惑のパーツとセッティング

エンジンはトルキーでいて滑らか。扱いやすくも強烈なパワーがある。

巨大なバイクながら、これらが絶妙にバランスして、ストリートからツーリング、ちょっとしたスポーツライディングまで器用に、快適に、イージーにこなしてしまう。

これが長らく愛されてきた理由だ。

画像2: SFの魅力を引き立てる魅惑のパーツとセッティング

100㎞/h・6速での回転数は3000回転。この回転から、並走するリッターSSがシフトダウンして加速しても引き離せるようなダッシュをする。

かと思えば、5速・1200回転、40㎞/hからでも、ありあまるトルクを活かして山道を流せてしまう。大らかな、このゆとりは非常に魅力的。

そんなSFにオーリンズとブレンボが付いたわけだが、ポイントはその味付けだ。

単純に考えれば、スポーティな走りでのポテンシャルアップを睨んでのグレードアップ…と考えるのだろうが、ホンダは利口だ。

無理な背伸びをすることなく、サスひとつですべてをグレードアッブさせている。

画像3: SFの魅力を引き立てる魅惑のパーツとセッティング

SF本来の魅力は何も損なってはいないのだ。

画像4: SFの魅力を引き立てる魅惑のパーツとセッティング

フロントには程よい剛性としなやかさを兼ね備えた正立フォークを採用。

右フォークがリバウンド、左が圧側の減衰を受け持つタイプで、セッティングはこのSP専用となるオリジナル。

フォーク自体の褶動抵抗の少なさによる初期作動の滑らかさが魅力で、強力な減衰を優しく発揮する。これがいい。

硬い反発力は全く感じない。滑らかに細かな凸凹に反応し、それを吸収する動きの良さがあるので、波状路面でもしっかり路面をトレースし、快適な走破性を発揮する。

それでいて、急減速時にはそれまでのしなやかなタッチがウソのようにしっかりと踏ん張る。

オーリンズの正立フォークを付けたカスタムバイクにはいろいろ乗ったが、これほど万能性に富み、しかも快適な作動をするバイクは正直初めて。

リアのリザーバータンク付きショックも、バネの硬さや伸び代不足による突き上げは一切ない。前後ともすばらしく上手にセッティングされている。

画像5: SFの魅力を引き立てる魅惑のパーツとセッティング

スタンダードに比べて、ハンドリングにおける旋回性の変化はほとんどない。

同じように素直で落ち着いている。

強いて言えば、接地性が良くなったので、安心感が非常に増していて、これまでよりヤンチャな走りができるようになったくらい。攻め込むとタイヤの方が先に音を上げるほどだ。

プライスは跳ね上がったが、アフターパーツを付けても費用はかかるし、このすばらしいセッティングを再現できるかは疑問。

SPにホンダが施した「魔法」は、SFの魅力を一層際立たせている。

SPECIFICATION
全長x全幅×全高 2200x795x1135㎜
ホイールベース 1520㎜
シート高 790㎜
最低地上高 135㎜
車両重量 268㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 1284㏄
ボア×ストローク/圧縮比 78x67.2㎜/9.6
最高出力 110PS/7250rpm
最大トルク 12.0㎏-m/5500rpm
燃料供給方式 PGM-FI
燃料タンク容量 21L
キャスター角/トレール量 25度/99㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ310㎜ダブルディスク・φ256㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・180/55ZR17

SBにも「SP」が登場!

HONDA CB1300 SUPER BOL D'OR SP

画像: SBにも「SP」が登場!

今回登場した「SP」は、スーパーフォアだけでなく、ハーフカウルを装備したスーパーボルドールにも設定される。

スタイリッシュなハーフカウルでGTツアラーとしても活躍できるSBの走りをさらに高めた、文字通りCBシリーズの頂点に立つモデルだ。

PHOTO:赤松 孝、森 浩輔 TEXT:宮崎 敬一郎、本誌編集部

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.