爽快な走りと美しさを備えた「才色兼備スポーツ」【HONDA CB250R】

「ネオ・スポーツ・カフェ」シリーズの最新作として日本でも発売されるモデルがCB650R。

スポーツCBシリーズのミドルクラスを担う期待のロードスターだ。

「都市のライフスタイルに興奮を」というキーワードのもと、扱いやすいコンパクトなサイズとスポーツ性能を追求。シリーズの流れを汲む、個性的なスタイリングに一新しながら、メカニズム面は先代のCB650Fの各部を大幅に見直したものとしている。

エンジンはピストンを新作、吸排気系を見直してパワーアップとスムーズなパワーフィールを実現。

画像1: 爽快な走りと美しさを備えた「才色兼備スポーツ」【HONDA CB250R】

新たにスリッパークラッチやセレクタブルトルクコントロールも採用、フロントにも倒立フォークをおごるなど、スポーツ性能を大幅にアップグレードした。

エッジを利かせた稜線と、しなやかな曲面を組み合わせた、コンパクトでダイナミックなスタイリングも魅力的。

画像2: 爽快な走りと美しさを備えた「才色兼備スポーツ」【HONDA CB250R】

一方でシュラウドは金属の素材感を重視した仕上げとするなど、上質さも追求。

今から国内発売が待ち遠しい1台だ。

SPECIFICATION
全長×全幅×全高 2130×780×1075㎜
ホイールベース 1450㎜
最低地上高/シート高 150㎜/810㎜
車両重量 202kg
エンジン形式/総排気量 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒/648cc
ボア×ストローク/圧縮比 67×46㎜/11.6
最高出力/最大トルク 95PS/12000rpm/6.5kg-m/8500rpm
燃料供給方式/燃料タンク容量 PGM-FI/15L
キャスター角/トレール 25度30分/101㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ310㎜ダブルディスク・φ240㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・180/55ZR17

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.