リコーはセンサー、画像処理エンジンを一新したハイエンドコンパクトデジタルカメラGR IIIを発売する。価格はオープンで(実売価格12万円台前半)、発売日は2019年3月下旬予定。

1996年に初代GRが登場して12モデル目となるGR III。このGR IIIはレンズ、センサー、エンジンを一新したモデルだ。搭載レンズは焦点距離とF値は同じだが(18.3mmF2.8、28mm相当)、4群6枚の薄型光学系の新規設計レンズで解像性能を向上させている。センサーは2424万画素APS-Cサイズの大型CMOSセンサーを搭載する。また独自の手ブレ補正も搭載し4段分の補正効果があるという。液晶モニターは3.0型103万ドットでGRシリーズ初のタッチパネルを採用している。ボディサイズはAPS-Cサイズセンサーを搭載しながら、1/1.7型センサー搭載のGR DIGITAL IVと同等のサイズを実現する。

画像: GR III正面

GR III正面

画像: GR III背面

GR III背面

画像: GR III上面

GR III上面

別売の21mm相当の画角になるワイドコンバージョンレンズGW-4も同時に発売となる。価格はオープンで実売2万円台後半。GW-4を装着するためのレンズアダプターGA-1の価格はオープンで実売5000円台前半。

画像: GW-4を装着したGR III

GW-4を装着したGR III

ドレスアップ用のリングキャップGN-1(DG)も用意される。カラーはダークグレーのメタリック仕上げ。さらにメタルホットシューカバーGK-1もあり金属製でこちらもダークグレーのメタリック仕上げ。価格はオープンでリングキャップGN-1(DG)が2000円台半ば、メタルホットシューカバーGK-1は2000円台後半。

画像: リングキャップGN-1(DG)とメタルホットシューカバーGK-1を装着したGR III

リングキャップGN-1(DG)とメタルホットシューカバーGK-1を装着したGR III

リコーGR III

●レンズ:GR LENS 18.3mm F2.8(28mm相当)
●撮像素子:APS-Cサイズ(23.5×15.6mm)CMOSセンサー
●有効画素数:2424万画素
●記録媒体:SD(SDHC/SDXC)メモリーカード、内蔵メモリー(約2GB)
●ISO感度:ISO100-102400
●液晶モニター:3.0型TFT(103.7万ドット)タッチパネル式
●大きさ:109.4×61.9×33.2㎜
●重さ:257g(バッテリー、メモリカード含む)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.