スズキのオーバー400ccクラスでの一番人気が実はSV650だって知ってました? そのSV650がマイナーチェンジでちょっと進化したんです。SVって元が良いから、それほど変化はないかも?と思っていたら……まさかの走りが全然違うレベルに!?

ミドルクラスでいちばんスポーツ!

画像1: ミドルクラスでいちばんスポーツ!

スズキのSV650って、どんなバイクだと思います?

排気量650ccで、今では逆に珍しくなった丸目1灯がレトロさも感じさせる正統派ネイキッドスポーツ。

だけど、それだけじゃない。

画像2: ミドルクラスでいちばんスポーツ!

このバイク、実はかなりエッジの効いたパフォーマンスを秘めているんです。

そのSV650が2019年モデルでちょっぴり進化しました。

画像3: ミドルクラスでいちばんスポーツ!

ブレーキキャリパーの変更です。

片押し2ポットから対向4ポットへとバージョンアップ。

でもグレードの高いパーツが奢られたにも関わらず、お値段は据え置き……

スズキの企業努力には毎度、頭が下がりますね。

ブレーキのアップデートで何が変わる?

画像1: ブレーキのアップデートで何が変わる?

でもまぁ正直を申しましてブレーキのアップデートって若干わかりにくいですよね。

そもそもですが、SV650って元々の完成度がすごく高い。

パワーも運動性能が素晴らしいバランスで組まれていますから、昨年までのモデルでも何ら不満を感じたことはありません。

画像2: ブレーキのアップデートで何が変わる?

なので、そんなに変わるものか? と思って、まずは近所をひとっ走り。

相変わらず良いバイクです。

軽くて、運転がしやすくて、気軽さ抜群!

街で乗るには充分すぎる650ccのVツインエンジンの最高出力は76.1馬力です。

ちなみにこの数字、同クラスではトップレベルのパワーだったりします。

画像3: ブレーキのアップデートで何が変わる?

このエンジンは、スズキの歴史の中でも名機中の名機のひとつ。

これまでに40万基以上が製造され、某イタリアンメーカーのスポーツバイクにも供給されていたことがあるほどの実力派です。

本当にクラッチをつないだ瞬間から『あ、これはいいエンジンだな』って直感でわかるんですよ!

画像4: ブレーキのアップデートで何が変わる?

そして、その名機を400cc同然の軽量コンパクトなボディに搭載しているんだから、走りが楽しいのは当然のこと!

完成度の高いエンジンを、最新の設計の車体で最大現に活かす。

それがSV650っていうバイクの本質なのかもしれません。

画像5: ブレーキのアップデートで何が変わる?

エンジンの下で不規則にうねるエキゾーストパイプも特徴のひとつ。

排ガスを浄化する触媒の前での排気管長を、等長にしています。

燃焼効率を高めて排ガスをクリーンにしつつ、高回転域ではレスポンスを鋭く。

個人的な感覚ですけど中間排気量クラスではSV650が最もスポーティな味付けになっていると感じています。

画像6: ブレーキのアップデートで何が変わる?

だからといって街乗りでの低~中速域が弱いなんていうこともない。

停止から発進時をサポートしてくれるローPRMアシストのおかげもあって、発進トルクにも不足はありません。

このローRPMアシストっていう技術は、世界中すべてのバイクに装備されれば良いのに……と思うほどです。

画像7: ブレーキのアップデートで何が変わる?

ちょっと話が逸れましたが、本題のブレーキ進化について。

申し訳ないですが……街乗りをしているぶんには、大きな変化は感じられませんでした。

絶対的な製動力っていうのは、よほど非力なブレーキシステムでもない限り、キャリパーよりも最終的にはタイヤの性能に依存しますし、SVのフロントブレーキは元から充分以上の製動力を備えています。

画像8: ブレーキのアップデートで何が変わる?

こう言っては何ですが、昨年モデルまでのSV650で、フロントブレーキキャリパーが2ポットだったことをまるで気にしたことが無かったんです。

ちゃんとコントローラブルな特性でしたし、何も問題は無かった。

となると、今回のブレーキ進化の意味は???

ブレーキの改良は玄人向け?

画像1: ブレーキの改良は玄人向け?

もういちど言いますが、街で走るぶんには大きな変化は感じられません。

ブレーキってやっぱりマニアック?

もしくはテクニック的に上級者のライダーしか恩恵を感じられないものなのでしょうか……

なんだかそれも悔しいので、ちょっと郊外まで足を伸ばしてみます。

高速道路に乗ってみると、改めてSV650って最高だな!って思います。

特に時速80kmからの追い越し加速など、本当に伸びやかで気持ちいい。

普通に走るだけで爽快な気分になれます。

パワーやスピードと言うより、人の感性に合っているフィーリングなんでしょうね。

画像2: ブレーキの改良は玄人向け?

ちなみにライト上にあるヘッドライトカウルも、高速道路上では小振りなウインドスクリーンとして、きちんと仕事をします。

デザイン上のアクセントだけじゃない。あると無いとでは高速道路での快適さが大きく変わる機能パーツでもあるんですよ。

細かいところまで手を抜かず、真面目に。

スズキのバイクって、こういうところも魅力のひとつです!

SV650の本領は……!?

画像: SV650の本領は……!?

やっぱりワインディングですね!

リラックスして、でも全力で走ることを楽しめる。

そして、その本領ステージでブレーキ進化の意味がようやくわかりました!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.