ルノー・ジャポンは、6速マニュアルトランスミッション(MT)を装備し、トルセンLSDや倍マテリアル構造のフロントブレーキを採用してスポーツドライビングを追求した限定車、メガーヌ ルノー・スポール(R.S.) カップを3月22日から全国のルノー販売店で販売する。販売台数は100台限定となる。

メガーヌR.Sカップ、ってどんなクルマ?

メガーヌ R.S.は、F1をはじめとするモータースポーツへの挑戦で培われたノウハウと先進技術により、さらに高いレベルのパフォーマンスを実現。

前後輪を操舵させる4コントロールで、ワインディングでは俊敏、高速コーナーでは高い安定性を生み出しコーナリング性能を飛躍的に高めている。

メガーヌR.S.カップのシャシは、コーナリングスピードの向上を目的に、メガーヌR.S.のダンパー/スプリング/アンチロールバーのレートを高めてロールを抑えた「シャシーカップ」。このシャシーに、走行安定性と高い操舵性を両立するトルセンLSD、冷却性能の向上と軽量化を実現したアルミ製ハブ/鋳鉄製Vディスクのバイマテリアルフロントブレーキ、そして6速MTを搭載、クローズドコースでのスポーツ性能を高めた。

画像: メガーヌR.S.カップ(ボディカラー:ブラン ナクレM)。

メガーヌR.S.カップ(ボディカラー:ブラン ナクレM)。

画像: トランスミッションは6速MT。

トランスミッションは6速MT。

車両価格

メガーヌR.S.カップ 450万円

ボディカラー:ブラン ナクレM/グリ チタニウムM/ノワール エトワールM(ブラン ナクレMは2万1600円高)

販売台数:100台

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.