2019年2月15日、三菱自動車はオールラウンドミニバン 新型「デリカD:5」の販売を開始した。

内外装のデザインを一新、予防安全技術も新規採用

すでに実車はメディアにお披露目され、プロトタイプの試乗会も行われているが、今回が正式発表となる。あらためて、新型デリカD:5のプロフィールを紹介しておこう。

画像: 新型デリカD:5(標準モデル)

新型デリカD:5(標準モデル)

大きく変わったフロントマスクで、一見フルモデルチェンジに思われるが、じつはビッグマイナーチェンジ。

三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」や縦型のマルチLEDヘッドライトとLEDポジションランプを採用し、一目で新型デリカD:5とわかる、特徴的なエクステリアとされている。リアコンビランプはリアゲートガーニッシュと連続性を持たせ、テールランプを外側まで光らせる特徴的なデザインとした。

標準モデルのほかに、都会的なデザインを求めるユーザーに向けて、ソリッドかつクリーンなフロントメッキグリルやワイド感のあるフロントバンパーなど、洗練されたモダンなデザインの「デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)」も新規設定された。

画像: デリカD:5 アーバンギア

デリカD:5 アーバンギア

インテリアでは、デザインを一新した水平基調のインストルメントパネルが機能性と開放感を兼ね備えている。ステッチを施したソフトパッドや、削り出しの金属が持つ重厚なイメージのセレクトモードダイヤル、立体盤面によるメーターデザインなど、見て触って感じるしっかり感と上質さを随所に盛り込んでいる。

画像: 標準モデルのインテリア

標準モデルのインテリア

パワートレーンは、大幅改良を施した2.2Lコモンレール式Di-D(ダイレクトインジェクション・ディーゼル)クリーンディーゼルエンジンと新開発の8速スポーツモードATの組み合わせにより、よりパワフルかつ静かで滑らかな走りへと進化した。駆動方式は電子制御4WDのみとなる。

画像: 新型デリカD:5のエンジンは、2.2Lのディーゼルターボのみ。

新型デリカD:5のエンジンは、2.2Lのディーゼルターボのみ。

加えて、衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM(Forward Collision Mitigation System)」や車線逸脱警報システム、レーダークルーズコントロールなどの予防安全技術「e-Assist」を装備して安全性を向上している。

販売目標台数は、2019年度で1500台/月。グレードと車両価格は以下のとおり。

画像: 内外装のデザインを一新、予防安全技術も新規採用

なお、新型デリカD:5はディーゼルエンジン搭載モデルのみとなり、ガソリンエンジン搭載モデルは現行型のグレードと装備内容を見直して継続販売される。

画像: 右が標準モデル、左がアーバンギア

右が標準モデル、左がアーバンギア

デリカD:5 Gパワーパッケージ(アーバンギア Gパワーパッケージ) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4800×1795×1875mm
●ホイールベース:2850mm
●重量:1960kg(1950)
●エンジン:直4DOHCディーゼルターボ
●排気量:2267cc
●最高出力:145ps/3500rpm
●最大トルク:380Nm/2000rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:横置きパートタイム4WD
●価格:408万2400円(420万7680円)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.