2019年2月14日、マクラーレンF1チームが2019年型F1マシン「MCL34」を発表。ルノー E-Tech 19 パワーユニットと新体制で、2019年シーズンに挑む。

名門復活へ、ルノーとの関係を強化

マクラーレンF1チームは、2018年、ルノーのパワーユニットを搭載し、フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンのコンビで、コンストラクターズランキング6位を獲得した。

ルノーのパワーユニット搭載2年目のシーズンとなる2019年は、ルノーから移籍したカルロス・サインツJr.と、新人ランド・ノリスをドライバーに起用。ルノーとの関係をさらに強めたほか、有力なスポンサー獲得にも成功したようだ。

ニューマシンは昨年からの正常進化であることを示すように「MCL34」と名づけられ、。カラーリングはマクラーレン伝統のオレンジとブルーに彩られている。

マシンの詳細は明らかになっていないが、大幅に進化したと言われるルノーのパワーユニット「E-Tech 19」に合わせて設計されているようだ。

画像: 新レギュレーションに合わせて設計されたニューマシンはワイドになった印象。

新レギュレーションに合わせて設計されたニューマシンはワイドになった印象。

画像: マクラーレンのアイコニックなカラー「McLaren papaya orange」とブルーのコントラストが鮮やか。

マクラーレンのアイコニックなカラー「McLaren papaya orange」とブルーのコントラストが鮮やか。

画像: ドライバーラインナップは、ルノーと関係の深いカルロス・サインツJr.(左)と、新人ランド・ノリス。

ドライバーラインナップは、ルノーと関係の深いカルロス・サインツJr.(左)と、新人ランド・ノリス。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.