レンタルバイクで那覇から古宇利島へ。島の中にはいったい何が待っている?

前回、沖縄本島に上陸し、レンタルバイクで那覇から古宇利大橋までやってきました。今回はいよいよ島内に突入です!

前回記事はこちらをご覧ください↓↓

画像1: レンタルバイクで那覇から古宇利島へ。島の中にはいったい何が待っている?

古宇利島は、沖縄本島の北部にある、8キロほどの小さな島で、20分程度で一周できます。

穏やかで静かな時間が流れる場所。最近新しい沖縄の名所としても人気だとか。
沖縄で、訪れたい場所で、かなり注目されてます。

画像2: レンタルバイクで那覇から古宇利島へ。島の中にはいったい何が待っている?

まず私有地のような駐車場で500円お支払い。ここの黒糖好きなワンちゃんが大好きになり、遊んでいたら、日が暮れかけてしまい、あおーい海は見れず……。
名前は、はち。可愛いいこ。

画像3: レンタルバイクで那覇から古宇利島へ。島の中にはいったい何が待っている?

急いで、ティーヌ浜へ。分かりづらいという情報でしたが、手書きの素朴な看板が目印に。
まじ、素朴。いー感じに素朴。

画像4: レンタルバイクで那覇から古宇利島へ。島の中にはいったい何が待っている?

ここに、訪れる目的は美しい海。それに、ハート型をしているという石。
さあて、どんな?

あら、確かに可愛いハート型。
砂浜も綺麗だし、お天気のいいお昼は最高だろうと容易に想像できる雰囲気。早い時間に来ればよかったあ。

画像5: レンタルバイクで那覇から古宇利島へ。島の中にはいったい何が待っている?

自分の計画性のなさを反省し、慌てて
島を一周してレンタルバイク屋さんに向かいました。滞在時間30分って何よ...

あたしは、日本、海外問わず、ガソリンスタンドに行くのが好きです。

値段などの違いが面白いの。売り方もさまざま。こちら沖縄本島は、リッター162.1円。確かこのころの東京より、2~30円高いなって思ったはず。2018年11月のこと。

画像6: レンタルバイクで那覇から古宇利島へ。島の中にはいったい何が待っている?

そんなとき「あと、10分でお店しめます」と、電話が。

いままで、いろんな島で、レンタルバイクしてきましたが。初めて。確認電話にびっくり( ゚д゚)ノ 

だいたい、みんな、やんわり。“島時間”だから。……なんか寂しかったです。

ギリギリに到着したら、帰りは、もう閉めるから送迎しないと言われ、わあ、帰りはしてくれないの? と、なんだか、都会感を感じ、さらに寂しくなる。
お店の方とお話ししなかったのは
初めてでした。

本当は、きっちりしていて、良いお店なんだけど、旅でひとりだったりすると、ほんの少しだけでいいから、人と話したいとか、島ならではの温もりを感じたくなるもの。

バイク乗りは孤独が好きなクセに、
どこか寂しがりやだなと改めて
感じました。
バイク乗りはわがままです。

画像: 明日は、違うお店で借りてみることにしました つづく...

明日は、違うお店で借りてみることにしました

つづく...

沖縄本島の旅はまだまだ続きます。2日目のレポートも近日掲載予定です!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.