先日セパンサーキットで今年初の公式テストが行われたMotoGPですが、今シーズンのマシンの姿を見ると早く開幕が来ないかな、と思っちゃいますね! さて、コチラはSuzukiRacingNewsのYouTubeチャンネルにアップされた動画ですが、今年のGSX-RRのスペックが紹介されています。

1馬力あたり0.654kg!! すごいですね!

ひと昔(ふた昔?)前は、機密保持のためファクトリーロードレーサーって真横から撮影しちゃダメ!! とか怒られたりしたものですが、今の時代はそのへんかなりユルくなって久しいですね(もっともライバルマシンの排気音周波数解析したり、どこかから使用しているピストン入手したりと、メーカー間のスパイ活動? が昔は盛んでしたけど)。

こちらの動画では、なんと2019年型スズキGSX-RRのスペックを紹介しちゃってます。車体寸法や足まわりの使用部品とかのデータも興味深いですが、やはり一番気になるのは最高出力と最高速ですね。ロードレースはコーナーからコーナーまでの加速・減速競争の繰り返し・・・ですから、最高出力が高い or 最高速が速い=強いマシンというわけではないですけど、これらの数字はわかりやすい戦闘力の指標ではあります。

画像: 2019年シーズンのスズキは、アレックス・リンスとジョアン・ミルの2人にGSX-RRを託します。 www.youtube.com

2019年シーズンのスズキは、アレックス・リンスとジョアン・ミルの2人にGSX-RRを託します。

www.youtube.com

次の公式テストでの、スズキGSX-RRの仕上がり具合に注目しましょう!

動画のなかで公称値として紹介される、2019年型GSX-RRの最高出力は176kW(240ps)以上、というもの。そして車重は157kgなので、1馬力あたり0.654kgということになります。

ちなみに、スズキが誇る公道用スーパースポーツの最高峰モデル、GSX-R1000R ABSが145kW(197ps)で装備重量203kgです。そもそも、MotoGPマシンと公道用スポーツバイクの性能を比べるのもヘンと言われればそこまでですが、いかに現代のMotoGPマシンが恐ろしいスペックなのかわかります(ま、GSX-R1000R ABSが、交通法規の遵守前提の公道で使うにはかなりオーバースペック・・・とも言えますね)。

なお2019年型GSX-RRの最高速は340km/h以上・・・。こんなモンスターマシンが最速を競うMotoGPを戦うライダーたちは、皆さん「神」ですね! 次回のMotoGP公式テストは2月23日~25日に ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されますが、各メーカーのマシンがどのような仕上がり具合を見せてくれるのか・・・楽しみです!

画像: 2019 SUZUKI GSX-RR BIKE SPEC youtu.be

2019 SUZUKI GSX-RR BIKE SPEC

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.