4日間に渡ってお送りしている2019年絶対見るべき映画超限選20作。第4弾となる今回は、若手から大物まで人気俳優たくさん最新作のから特に注目の最新作を選んでみた!

編集部追記:2019年2月18日に公開された記事を2019年4月1日に一部更新しました

第1弾はこれだ!アメコミライターすぴ豊プレゼンツ、面白くないワケがない2019年アメコミ映画5作、徹底予想。豪華すぎる…

第2弾はアニメーション映画!大人が観るべき超注目5作とは?!

第3弾はSFアクション映画5選!2019年、豊作すぎ……?!

01:「ロビン・フッド(原題)」

2019年公開

画像: 01:「ロビン・フッド(原題)」

まずは若手No.1のタロン・エガートンの「ロビン・フッド」。おなじみ中世冒険活劇だけど、本作はファッションも含めて現代風テーストが満載なのが見どころ。さらに、主人公は昼間は民を治める領主だが夜は義賊に変身!という二つの魅力が楽しめるうえ、タロンのキレッキレのアクションもたっぷり。ファンは間違いなく目が♡そのタロンがエルトン・ジョンの半生を感動的に演じる音楽映画「ロケットマン」も公開予定。第二の「ボヘミアン・ラプソディ」となるか?

タロン・エガートンについてここでわかる!

ファントム・フィルム配給 ©François Duhamel © 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

02:「ビューティフル・ボーイ」

2019年4月公開

画像: 02:「ビューティフル・ボーイ」

タロンに並ぶ若手人気男優ティモシー・シャラメの「ビューティフル・ボーイ」は、Netflixの大ヒット・シリーズ「13の理由」の脚本家の実話ドラマ。実は彼は元ドラッグ依存症で八年もの歳月をかけてそれを克服。彼を支え続けた家族の愛と苦闘を感動的に描く。またもアカデミー賞ノミネートか⁉の演技に注目。他にも「ホスティルズ」も公開予定のシャラメ。ファンには嬉しい年になりそう。

ティモシー・シャラメ、いま何を思う?

キノフィルムズ配給 ©2017 BACKUP STUDIO NEUE ROAD MOVIES MORENA FILMS SUBMERGENCE AIE

03:「サブマージェンス(原題)」

2019年公開

画像: 03:「サブマージェンス(原題)」

ラブストーリーに目を移すと、ジェームズ・マカヴォイ×アリシア・ヴィキャンデル共演「サブマージェンス」が大人の女性向け。偶然出会い情熱的な恋に落ちた二人が、互いに数千マイル離れた状況で命の危険にさらされている。最期の瞬間に思い出すのはあの日の愛の記憶…監督は名匠ヴィム・ヴェンダース。

ソニー・ピクチャーズ配給

04:「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題)」

2019年秋公開

画像: 04:「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題)」

先の「ロビン・フッド」の製作者はレオナルド・ディカプリオ、「ビューティフル・ボーイ」の製作者はブラッド・ピット。この大物二人が夢のW主演を果たしたのが「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。1969年に世界を震撼させたシャロン・テート惨殺事件の裏側を鬼才クェンティン・タランティーノが描く、映画ファンなら見逃し厳禁の一本だ。

クロックワークス配給 ©2018 GEORGIA FILM FUND 60, LLC

05:「大脱出2」

2019年3月29日公開

画像: 05:「大脱出2」

見るべき20本の最後はハリウッド映画界のスーパーレジェンド、シルヴェスター・スタローンの最新作で締めよう。盟友シュワルツェネッガーとの共演が話題を呼んだ脱獄アクションの続編「大脱出2」が3月29日に公開。脱獄のプロである主人公が今回挑むのは、100%コンピューター管理された最強セキュリティーの監獄。その裏に潜む陰謀を暴くため、アナログおやじが最新コンピューターにタイマン勝負!共演はデイヴ・バウティスタ。

公開中!スタローンによる最後のロッキー役

キノフィルムズ配給 © 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved

映画評論家総勢39人が選ぶ、2018年最も優れた映画とは?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.