エプソンはシートフィードタイプのスキャナー「FF-680W」を発売する。価格はオープンで実売5万9980円(税別)。発売は2019年2月21日。

エプソンから新しく発表されるFF-680Wのコンセプトは「紙焼き写真を手間なく、きれい・高速に読み取る新しいツール」で、ユーザーがこれまで撮り貯めてきた写真をデータ化することで楽しさを広げ、写真が作り出す幸せを提供することを狙って開発された。一度に最大36枚までの紙焼き写真(L判・KG・2L判)をセットでき、1枚のスキャンに要する時間は1秒(L判・300dpi)。退色復元機能など便利な機能も搭載する。

画像: プリントを高速スキャンできるA4フォトスキャナー
エプソンFF-680W

FF-680W仕様

読み取りサイズ:L判、KG判、2L判、六切、インスタント、パノラマ、長尺
出⼒フォーマット:Epson FastFoto使⽤時:JPEG、TIFF、Epson ScanSmart使⽤時:JPEG、PDF
大きさ:296×169×176mm
重さ:約3.7kg

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.