日本仕様は2018年10月18日に発表されたメルセデス・ベンツ Aクラスだが、ようやく実車に触れる機会を得た。まずは、そのディテールを紹介していこう。(写真:井上雅行)

新世代メルセデス・ベンツを牽引する戦略車種を代表するモデル

4代目にフルモデルチェンジされたメルセデス・ベンツ Aクラス。テレビCMなどで「ハイ、メルセデス!」の対話型インフォテインメントシステムが注目されているが、ポイントはそれだけではない。

最新の安全運転支援システムは、SクラスやEクラスなど上級モデルに匹敵する、部分自動運転を実現するものを採用している。ルノーと共同開発したダウンサイジングターボは高効率で、静粛性も高められている。

一見、従来型を踏襲したようなスタイルだがプロポーションを最適化し、空力性能を向上。インテリアも従来型より広く、クオリティもアップし、快適装備も充実している。

2018年12月には単月で3000台以上を販売したという新型Aクラス。日本でもCセグメント・ハッチバックの新たなベンチマークになりそうだ。

メルセデス・ベンツ A180スタイル 主要諸元

●全長×全幅×全高:4420×1800×1420mm
●ホイールベース:2730mm
●重量:1360kg
●パワーユニット:直4 DOHCターボ
●排気量:1331cc
●最高出力:136ps/5500rpm
●最大トルク:200Nm/1460-4000rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:横置きFF
●価格:369万円(税込み)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.