高揚感が抑えられるから逆にワクワクしてくる?

MVアグスタは37回ものワールドタイトルを獲得した名門であり、レーシングイメージの強いイタリアンメーカーである。

そのMVアグスタが、3年前に3気筒スーパースポーツのF3・675をリリースさせてからというもの、排気量のメインを800ccとしながら、バリエーションをネイキッド、ストリートファイター、ストリートモタード、長脚スポーツと多様に発展させてきたが、今回、ついに本格的なツアラーを登場させた。

画像1: 高揚感が抑えられるから逆にワクワクしてくる?

しかも、既存モデルの派生型ではない。ツアラーに相応しい特性を追求し、エンジンの性能パーツやフレームなど、かなりの部分が新設計されているのだ。

だから、走り味ときたら、これまでのMVアグスタとは全くの別物である。走り出すや、楽しんでみようかと気持ちが昂ぶるのではなく、快適さにホッとさせられるのだ。

画像2: 高揚感が抑えられるから逆にワクワクしてくる?

エンジンは6速、1500rpmで走れるほど粘りがあってスムーズで、スロットルを開ければ優しく太いトルクが湧き出てくる。ストロークが大きい前後サスは、路面を包み込むかのようで、とにかく乗り手に優しく快適だ。

画像3: 高揚感が抑えられるから逆にワクワクしてくる?

ハンドリングも安定性指向だ。フレームも剛性が高められた印象で、車体がどっしり落ち着いていて、気分的にも落ち着いてくる。

マシンから旋回性をひけらかすようなことは一切なく、奥ゆかしくライダーに従ってくれるという感じだ。パッションが抑えられ、疲れないフィーリングだと言っていい。やはり、ツアラーだけのことはある。

となると、快適で疲れなくても、面白さに欠けるみたいだが、決してそんなことはない。もっと遠くまで脚を伸ばせそうで、冒険心がワクワクしてきそうなのである。

画像4: 高揚感が抑えられるから逆にワクワクしてくる?

それに、こいつは乗りこなす気にさせてくれる。このヴェローチェは長脚のアドベンチャーツアラーなのだが、多くのモデルほどに大きさや重さを感じさせることがない。持て余すことがないのだ。

ハンドル切れ角もMVの他モデルより大きく、Uターンもしやすくなっている。

ただ、それだけに足着き性にちょっと難があることが残念なのだが、ヨーロッパの連中の様子を見てみると、身長が180cmあれば両踵が接地しそうなので、人によっては問題とならないだろう。

画像5: 高揚感が抑えられるから逆にワクワクしてくる?

ともかく、足着き性を除いて車格がジャストサイズなら、動力性能的にもジャストサイズだ。低中回転域でスポーティに走れるのは、本来は公道を走るバイクにとって大切なことのはず。

最高出力の110HPは実に現実的で、十分ながらも使い切れて、気後れすることがない。

バイクを駆ることの面白さが作り込まれているわけで、形とアプローチは違えど、やはりMVアグスタそのものだったのである。

SPECIFICATION
全長×全幅×全高 2084×900×NAmm
ホイールベース 1424mm
シート高 850mm
車両重量 191kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量 798cc
ボア×ストローク 79.0×54.3mm
圧縮比 12.2:1
最高出力 110HP/10000rpm ※
最大トルク 8.5kg-m/8000rpm ※
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 20ℓ
キャスター角/トレール NA/108mm ※
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ320mmダブルディスク・φ220mmディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70-17・190/55-17

●PHOTO:MV AGUSTA/和歌山利宏 ●REPORT:和歌山利宏

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.