2019年1月28日、プジョー・シトロエン・ジャポンからフランスのファッションブランド「ジャン・シャルル・ド・カステルバジャック」とのコラボ限定車「シトロエンC3 JCC+」が登場。全国の正規ディーラーで販売が開始された。

3色のシグネチャーカラーで彩られた独創的かつ大胆な一台

今回発表された限定車「シトロエンC3 JCC+」は、2018年に発表されたコンセプトカー「E-MEHARI × Jean-Charles de Castelbajac」でのコラボレーションから生まれた特別仕様車で、「ジャン・シャルル・ド・カステルバジャック」ブランドのアイコニックな3色(パッションレッド、ホープブルー、ラディアンスイエロー)をアクセントとして取り入れているのが特徴。エレガントな黒のドレスにカラフルなアクセサリーをまとったかのような佇まいを表現しているという。

エクステリアでは、ルーフに赤、フロントフォグランプのベゼルに青、ドアミラーケースにイエロー、そしてサイドのエアバンプにも青のアクセントが入る。

一方、インテリアではインスツルメントパネルのベゼル部分に青、ステアリングホイールのスポークとシフトレバー枠部分にイエローがあしらわれている。またフロアマット、Cピラー、リアゲートおよびバニティミラーにブランドのロゴマークが入り、シフトレバー基部にはシリアルナンバー入りのスペシャルプレートもセットされる。

パワートレーンは定評の110ps仕様1.2L直列3気筒ターボ+6速ATの組み合わせ。価格は258万円で全国限定100台となる。

「ジャン・シャルル・ド・カステルバジャック」は、1949年生まれのフランスのデザイナー、ジャン・シャルル・ド・カステルバジャックによって設立されたファッションブランド。ポップでグラフィカルなイラストや、ラフで実用性の高いシルエット、カラフルな色使いなどが高く評価されている。軍隊用の毛布、漁網、テント地、ブランケット、スポンジなど意外性のある素材を使用した作風も特徴のひとつとなっている。

画像: パッションレッド、ホープブルー、ラディアンスイエローのアクセントカラーが配される。

パッションレッド、ホープブルー、ラディアンスイエローのアクセントカラーが配される。

画像: インテリアではインスツルメントパネルのベゼル部分にホープブルー、ステアリングホイールのスポークとシフトレバー枠部分にラディアンスイエローーがあしらわれている。

インテリアではインスツルメントパネルのベゼル部分にホープブルー、ステアリングホイールのスポークとシフトレバー枠部分にラディアンスイエローーがあしらわれている。

画像: ルーフなどディテールに至るまでカスタマイズされる。

ルーフなどディテールに至るまでカスタマイズされる。

限定車 シトロエンC3 JCC+ 主要諸元

●全長×全幅×全高=3995×1750×1495mm
●ホイールベース=2535mm
●エンジン=直3DOHCターボ
●排気量=1199cc
●最高出力=110ps/5500rpm
●最大トルク=205Nm/1500rpm
●トランスミッション=6速AT
●駆動方式=FF
●ハンドル位置=右
●車両価格=258万円(限定100台)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.