2019年1月25日、BMWからM5 コンペティション(Competition)が登場。全国のBMW正規ディーラーで販売を開始した。

4.4LのV型8気筒Mツインパワーターボは625psまでパワーアップ

今回登場した「M5 コンペティション」はMモデルを象徴するハイパフォーマンスセダンであるBMW M5をベースに、さらにサーキット走行性能を磨き上げたモデルで、M5シリーズに追加設定される。

6代目M5は、4.4LのV型8気筒Mツインパワーターボエンジンを搭載し、Mモデルのセダンで初めてM専用4輪駆動システム「M xDrive」を搭載するなど、高い運動性能を持つ、Mモデルの象徴的な存在となっている。

M5 コンペティションは、M5と同じV型8気筒エンジンを搭載しながらも、さらにチューニングを施すことで最高出力を625psまで高めて、0→100km/h加速は3.3秒を達成している。(M5は最高出力600ps/5600~6700rpm、最大トルク750Nm/1800~5600rpm、0→100km/h加速は3.4秒)

また、車高をM5よりもさらに7mm下げるとともに、Mスポーツエキゾーストシステムを搭載することで、よりスポーティでダイナミックなドライビングを実現する。また、コイルスプリングの設定も約10%硬くなっている。

デザイン面では、キドニーグリルやリアスポイラー、ミラーキャップ、Mサイドギル、Mスポーツエキゾーストシステムなどをブラック仕様にすることで、よりアグレッシブな個性を強調している。

M5 コンペティションの車両価格は1823万円(右/左ハンドル仕様を設定)。ちなみにM5の車両価格は1740万円。

画像: 最高出力625psまで高められたM5用4.4L V8ツインターボエンジン。

最高出力625psまで高められたM5用4.4L V8ツインターボエンジン。

画像: ポイントなる部分をブラック仕様にすることでさらに精悍なイメージに。シャシはM5 コンペティション専用セッティングとなる。

ポイントなる部分をブラック仕様にすることでさらに精悍なイメージに。シャシはM5 コンペティション専用セッティングとなる。

画像: とんでもないハイパフォーマンスを持ちながら、ラグジュアリーセダンの要素を合わせ持つ。ルーフは軽量なCFRP製、ボンネットフードはアルミ製。

とんでもないハイパフォーマンスを持ちながら、ラグジュアリーセダンの要素を合わせ持つ。ルーフは軽量なCFRP製、ボンネットフードはアルミ製。

画像: キドニーグリルをブラックにすることで凄みが増している。

キドニーグリルをブラックにすることで凄みが増している。

画像: Mサイドギルもブラック仕上げとなる。

Mサイドギルもブラック仕上げとなる。

BMW M5 コンペティション 主要諸元

●全長×全幅×全高=4695×1905×1480mm
●ホイールベース=2980mm
●車両重量=1950kg
●エンジン=V8DOHCツインターボ
●エンジン排気量=4394cc
●最高出力=625ps/6000rpm
●最大トルク=750Nm/1800-5860rpm
●トランスミッション=8速AT
●駆動方式=4WD
●ハンドル位置=右/左
●車両価格=1823万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.