好評のRX 125のモタード版が満を持して日本へ!

ピアッジオグループジャパン株式会社は、アプリリアの本格派モタード「SX 125」を発売します。

1月25日(金)より受注を開始し、3月上旬から出荷される予定です。

この「SX 125」は2018年3月から販売しているフルサイズ125ccオフロードモデル「RX 125」をベースに、前後17インチタイヤを履き、舗装路での走りに磨きをかけたオンロードバージョン。

総排気量124.2cc、水冷4ストDOHC4バルブの単気筒エンジンを搭載しています。

画像: 1月25日(金)より受注を開始し、3月上旬から出荷される予定です。

クラスを超えたサイズ感と、パワフルなパフォーマンスを持ちながら、原付二種の気軽さで、通勤通学など日常生活でも大いに活躍するでしょう。

カラーは「ブラックドリフト」の一色で、メーカー希望小売価格は税込41万400円になります。

【主なスペック】
シート高:880㎜
車両重量:134㎏
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量:124.2㏄
ボア×ストローク:58.0×47.0㎜
最高出力:11kW(15HP)/10,700rpm
最大トルク:11.3N・m/8,000rpm
燃料タンク容量:6.2L
変速機形式:6速リターン
タイヤサイズ(前・後):100/80-17・130/70-17
ブレーキ形式(前・後):ディスク・ディスク

画像: コンパクトなデジタルメーターは多機能。一般的な機能に加えて、トップスピード、バッテリー電圧、走行セッション間の移動距離を表示するツイントリップメーター機能を持ったトラベルダイアリーを装備しています。

コンパクトなデジタルメーターは多機能。一般的な機能に加えて、トップスピード、バッテリー電圧、走行セッション間の移動距離を表示するツイントリップメーター機能を持ったトラベルダイアリーを装備しています。

オフロードモデル「RX 125」との比較

画像: オフロードモデル「RX 125」との比較

上が今回発売開始されるモタードの「SX 125」、下が既存のオフロードモデル「RX 125」です。

画像: 上が今回発売開始されるモタードの「SX 125」、下が既存のオフロードモデル「RX 125」です。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.