画像1: 千代田路子写真展『幾へにも-ふたつの旅ひとつの物語』は6日間だけの短期開催です。独特の作風と和紙への情感溢れるプリントが鑑賞者を魅了します。

共通のテーマを持つ二つの作品、八百屋お七を模した人形に出会ったことをきっかけに制作した作品「おしち」と、お亡くなりになった作者の母親への思いについて考え制作した作品「新しい旅の始まり」を展示。肩の力を抜いた、ストレートな視点に好感が持てます。ちなみに、千代田さんはタムロンの顧問です。

画像2: 千代田路子写真展『幾へにも-ふたつの旅ひとつの物語』は6日間だけの短期開催です。独特の作風と和紙への情感溢れるプリントが鑑賞者を魅了します。
画像: ■会場:ルーニー247 中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F TEL03-6661-2276 ■会期:開催中 ~1月27日(日) 12:00-19:00 最終日 ~16:00

■会場:ルーニー247 中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F TEL03-6661-2276
■会期:開催中 ~1月27日(日) 12:00-19:00 最終日 ~16:00

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.