アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作 『心と体と』 の鬼才監督イルディコー・エニェディの伝説的デビュー長編『私の20世紀』の4Kレストア版が2019年3月30日(土)より、新宿シネマカリテほかにて公開されることが決定。このたび予告編と本ビジュアルが解禁された。
画像: 映画『私の20世紀』4Kレストア版 予告編 youtu.be

映画『私の20世紀』4Kレストア版 予告編

youtu.be
画像1: 『心と体と』監督の伝説的デビュー長編が30年ぶりに蘇る!『私の20世紀』4Kレストア版予告編解禁
画像2: 『心と体と』監督の伝説的デビュー長編が30年ぶりに蘇る!『私の20世紀』4Kレストア版予告編解禁

『フェリーニ監督の「8 1/2」以来、最も素晴らしく美しいモノクロ映画』と絶賛

2018年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、 2017年ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作『心と体と』で注目されたハンガリーの鬼才監督イルディコー・エニェディ。彼女の伝説的デビュー長編『私の20世紀』が4Kレストア版として30年ぶりに蘇る。

本作は1989年カンヌ国際映画祭でカメラドールを受賞し、エニェディの名が世界に知られるきっかけを作った。当時のニューヨークタイムス紙は「F.フェリーニ監督の『8 1/2』以来、最も素晴らしく美しいモノクロ映画」と絶賛した。

物語の舞台は、エジソンが発明した電球のお披露目に沸き立つ1880年、ハンガリー・ブダペスト。ここで双子の姉妹が誕生する。リリ、ドーラと名付けられた双子は孤児となり幼くして生き別れる。

だが1900年の大晦日、気弱な革命家となったリリと華麗な詐欺師となったドーラは偶然オリエント急行に乗り合わせた。ブダペストで降りた双子は謎の男性Zと出会う。Zは彼女たちを同一人物と思い込み二人に恋をするのだが…。おとぎ話のような物語の中に、風刺が散りばめられていく。

予告編は、1880年、エジソンの電球お披露目の場面から始まる。同じ頃ブダペストで生まれ、 幼くして生き別れていた双子の姉妹は、時を経て気弱な革命家と華麗な詐欺師に。彼女たちを同一人物と思い込み恋をする謎の男を交えて、20世紀の幕開けとともに姉妹の運命が再び重なり合っていく様子が切り取られている。

『鏡』『ノスタルジア』などタルコフスキー作品でお馴染みのオレーグ・ヤンコフスキーが謎めいた男Zを、ポーランド人女優ドロタ・セグダが双子とその母の3役を演じている。物語は19世紀末から20世紀の始まりを辿る。マッチから電球へ、ロバから汽車へ、伝書鳩から電報へ。夢のような技術の発展とともに人間は何を失ったのか――。怒涛の20世紀の幕開けを告げる奇跡の映画が、21世紀の今蘇る。

『私の20世紀』4Kレストア版
2019 年3月30日 (土) 新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
配給:サンリス
© Hungarian National Film Fund- Film Archive/photo:István Jávor

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.