前編では、ADIVAショールームのかっこよく、そして可愛いバイクを余すことなくご紹介してきた。後編では、実際に免許を取得する際のコツや初心者にオススメのバイクに迫っていくぞ!

ライター:
ふつかよいのタカハシ

普段は飲兵衛ライターとして赤提灯酒場を主戦場に酒にまつわる記事を執筆。テレ東プラスのほか、東京女子メディア「GLITTY」、首都圏特化型 情報発信サイト「東京ルッチ」、「COREZO!ASAKUSA」にて好評連載中。

初心者の気持ちをまっすぐ伝えるべく、ADIVA WORLDでは真反対の領域「バイク」業界に挑む!

まずは前編を読んでほしいぞ!

初心者ライダー・玉井里菜さんに聞く、バイク免許取得のコツ

前編のインタビューを受けてバイクへの興味度が俄然高まったタカハシ。するとやはり実際に乗ってみたくなるのが性というものではないだろうか。玉井さん、バイク免許取得のコツを教えて〜!!!

画像: 左・株式会社ADIVA ショールーム受付 兼 マーケティング部  玉井里菜さん/右・タカハシ

左・株式会社ADIVA ショールーム受付 兼 マーケティング部 玉井里菜さん/右・タカハシ

画像2: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

玉井さんはどのくらいの期間で免許を取得しましたか?

画像3: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

私は400ccまで乗ることができる自動二輪免許免許(いわゆる中免)を選択したので、取り始めたのが2018年の7〜8月、実際に取得できたのが10月ですね。125ccまでOKのAT限定小型自動二輪免許であれば、最短2日で取得できるので、初心者の方にもオススメです!
普通自動車免許をお持ちの場合は筆記も免除されますので、かなりスムーズに進めると思いますよ。

画像4: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

(2日...!激早ェェ!!それならタカハシでも取得できるかも...!)免許を取得する際に苦労したことはありますか?

画像5: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

私はなぜか筆記で落ち続けましたね...(遠い目)。後は、200kgの倒れたバイクを自力で起こす「引き起こし」に苦戦しました。
最初は全くできなかったのですが、仮に走行中バイクが倒れてしまったら他人の力は借りれないので、頑張りましたね。重心の置き方など、コツを掴めば女性でもできるようになりますよ。

引き起こしの図。ADIVA WORLDスタッフが数年前に引き起こしを初体験した決定的瞬間を拝借しました。これは腰があがりすぎで全然ダメ!だそう。

lrnc.cc
画像6: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

(200kg...想像するだけで白目だぜ...酒瓶何個分...?でも好きなものだったら頑張れそう)実際バイクに乗ってみて、いかがですか。

画像7: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

「車に乗るのとバイクに乗る感覚は全く別モノ」と知人に言われていたのですが、その通りですね。「生身で乗るから危ないのでは?」と言われたこともありますが、危険が伴うことを自覚すべきなのはどの乗り物も同じで、むしろ車に比べて死角が少なく、視界良好なので道を間違えづらくて良いですね。しかも車とは違った感覚で運転できるので、おもしろいです。

画像8: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

ほほう。どういったところにおもしろさがありますか?

画像9: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

自分の身をさらすことで、より自然と一体となって運転ができることが最高です。紅葉や海などの景色を楽しみながら運転するのは格別ですね。
私の友人に、都内から北海道の最北端まで数週間かけてバイクで行ったという強者がいるのですが、「ツーリングをしている人が声を掛けてくれて友人が増えた」と言っていました。これも車だったらなかなか無いおもしろさだと思います。

画像: プジョーのジャンゴ エバージョンとともに紅葉を楽しむ玉井さん。こりゃ絵になります! adiva-world.jp

プジョーのジャンゴ エバージョンとともに紅葉を楽しむ玉井さん。こりゃ絵になります!

adiva-world.jp
画像10: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

自然と一体となる...!その感覚、味わってみてェェ(悶絶)。実際にバイクを運転する際、服装のポイントはありますか?

画像11: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

冬は、厚着にスキニーがテッパンです。スクーターはまたがるタイプのバイクよりも服装に自由がきくところも普段使いしやすく良いところですが、さすがにタイトスカートなどは信号待ちの際足がつかなくなってしまうので避けた方が良いかと。また、フルフェイスのヘルメットをしっかりかぶれば寒さも防げますよ。
夏は薄手の通気性が良いパーカーを着るくらいが丁度良いと思います。

画像12: スクーター、面白いかも…超初心者タカハシのADIVA入門(後編)

スタイリッシュなウェアを着て日々の移動をも楽しみに変えていく...!クゥゥ、女性ライダー、なんてかっこいいんだ!!!玉井さん、ありがとうございました!!!

ちなみにADIVA WORLDではスクーター乗りにオススメのコーディネートも発信中。いろんな格好が妄想できて楽しい!

男性の冬ファッション編

女性の通勤コーデ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.