画像1: 公文健太郎展「地が紡ぐ」。2016年、農業従事者に迫った作品「耕す人」を発表以来、日本の土地に由来する人々の暮らしや文化をターゲットとして活動する公文氏渾身の個展です。

今回の展示は、日本の中でも特に惹かれたという土地・集落を訪ね、撮り歩いたドキュメンタリーとなっています。青森の能、栃木の秘湯、長崎の陶磁器が本展の対象。大型作品8点を含む全46点が展示されます。

画像2: 公文健太郎展「地が紡ぐ」。2016年、農業従事者に迫った作品「耕す人」を発表以来、日本の土地に由来する人々の暮らしや文化をターゲットとして活動する公文氏渾身の個展です。
画像3: 公文健太郎展「地が紡ぐ」。2016年、農業従事者に迫った作品「耕す人」を発表以来、日本の土地に由来する人々の暮らしや文化をターゲットとして活動する公文氏渾身の個展です。

■会場:EMON Photo Gallery 港区南麻布5-11-12 B1F TEL03-5793-5437
■会期:開催中 ~2月13日(水) 11:00~19:00(土〜18:00) 日・祝 休館 入場無料

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.