※オートバイ2016年10月号より

お互いにまったく違う個性を持ったツインエンジン

今回は400XとNC750Xという、ホンダのミドルクラス・アドベンチャー系モデルを比較試乗してみました。どちらも、本格的オフロード走行もOKのデュアルパーバスモデルというより、アドベンチャー的スタイリングと乗り味を楽しむツアラー、と言った方がいいでしょう。ホンダのラインアップの中でも、ロードスポーツモデルとして区分されています。

画像: ウエットな路面や ちょっとした未舗装路も不安なし(伊藤)

ウエットな路面や
ちょっとした未舗装路も不安なし(伊藤)

そうそう、いきなりちょっと個人的な話ですが、じつは今、本気で欲しいと思っているバイクの一台がNC750Xなんです。なので今回の試乗では、どちらかというと750Xに少々肩入れ気味のインプレになってるかもしれませんが、ご了承ください(笑)。
試乗した最初の印象をひとことで言うと、750Xは「扱いやすく、取っ付きやすいバイク」だし、400Xは「しっとりした乗り味の、乗りやすいバイク」。

エンジンキャラクターから比較すると、400は比較的高回転型で、750は低中回転型です。排気量の違いを考えれば当たり前というか、小さい排気量で力を出そうとすれば、回転数で馬力を稼がなくちゃならないのは当然のこと。400Xはスペック上、ピークパワーを9500回転で発生、実際、1万回転を少しオーバーするくらいまで回ります。ただしトップエンドは、ちょっと苦しげに回る印象を受けたかな。特にロングツーリングなんかだと、高回転型は疲れるって人も多いと思いますが、そこは仕方ないでしょうね。でも、法定速度内の走りにはなんら問題はないし、高速道路での追い越しも不足感はないですから、充分に良く出来たエンジンです。

画像: 撮影時にちょっとしたオフロードを走行した後、「400Xは舵の入り方が自然でとてもいい」と伊藤さんは語った。CBR400RやCB400Fに比べると、リアサスの変更によりしっとりとした接地感が感じられた様子。またそれに伴うジオメトリーの違いが、舵の入り方を自然にしていて、ウエットな路面や、未舗装路でもフラットな場所なら不安なく走れたようだ。

撮影時にちょっとしたオフロードを走行した後、「400Xは舵の入り方が自然でとてもいい」と伊藤さんは語った。CBR400RやCB400Fに比べると、リアサスの変更によりしっとりとした接地感が感じられた様子。またそれに伴うジオメトリーの違いが、舵の入り方を自然にしていて、ウエットな路面や、未舗装路でもフラットな場所なら不安なく走れたようだ。

馬力は400Xが46PSで、750Xが54PS。排気量ほどの差がないように感じますが、トルクは3・8㎏-mと6・9㎏-mとかなりの差があり、この差が走りの違いに大きく現れています。ボア×ストローク比がロングストロークで、270度位相(400Xは180度)の750Xは、レブリミットは低いけど、そこまでがトルクの塊のようにスパン!と回る。今の自分は、こういうエンジンの方が好きですね。「レブリミットが早い」という意見もよく聞くけど、それはシフトアップすればいいだけの話ですから。

もちろん400Xにも特有の良さがあります。エンジンの回転域を下から上まで使えるので、見晴らしのいいコースで、ガンガン上まで回して走ったりすると、かなり気持ちいいはず。750Xはパワーバンドの上限が低く、それを上回るとすぐトルクも落ちるので、その範囲内でシフトアップしなくちゃいけないんですが、400Xは2速や3速で、回転を上げても下げても上手く使えるから、アクセルワークの練習にもなると思います。それに、回転がずっと伸びやかに上がっていく高揚感は、こうした高回転型エンジンならでは。このフィーリングに慣れてから、750Xに乗ると、「あれ、もう終わり?」って感じるでしょうね。

画像: プライベートでNC750XのDCTを購入予定という沙織ちゃんとは、NCの乗りやすさ、扱いやすさについてトークが盛り上がっていた様子です。

プライベートでNC750XのDCTを購入予定という沙織ちゃんとは、NCの乗りやすさ、扱いやすさについてトークが盛り上がっていた様子です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.