富士フイルムは中判ミラーレス一眼デジタルカメラ、GFXシリーズ用の交換レンズ「GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR」を発表した。発売は2019年2月14日。価格は27万1500円(税別)。

GF100-200mmF5.6 R LM OIS WRは79-158mm相当(35mm判換算)の望遠ズームレンズ。花などの被写体を強調したネイチャーフォトや風景撮影などに最適。また手ブレ補正機構も搭載し、約5段分の補正効果があり手持ち撮影をサポートするという。さらに鏡筒10カ所にシーリングを施し、防塵防滴、耐低温構造も採用しアウトドアでも安心して撮影できるという。
レンズ構成は13群20枚構成で、スーパーEDレンズ2枚、非球面レンズ1枚を採用し、色収差や像面歪曲を徹底的に抑え、高い解像力と豊かな階調再現を実現する。AFはリニアモーターを搭載し、高速で静かな駆動という。
またテレコンバーターGF1.4X TC WRと組み合わせることで、140-280mm(111-221mm相当)となり、撮影領域をさらに拡大できる。

GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR

画像: GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR

GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR

画像: GFX 50Sに装着したGF100-200mmF5.6 R LM OIS WR

GFX 50Sに装着したGF100-200mmF5.6 R LM OIS WR

画像: テレコンバーターGF1.4X TC WRを付けたGF100-200mmF5.6 R LM OIS WR。140-280mm(35mm判換算111-221mm相当)になる。

テレコンバーターGF1.4X TC WRを付けたGF100-200mmF5.6 R LM OIS WR。140-280mm(35mm判換算111-221mm相当)になる。

GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR仕様

●焦点距離: 100-200mm (79-158mm相当)
●最小絞り: F32
●レンズ構成: 13群20枚
●画角: 30.6° - 15.6°
●絞り羽根枚数: 9枚(円形絞り)
●最短撮影距離: 60cm(W端)、1.6m(T端)
●フィルターサイズ: φ67mm
●最大径×全長: φ89.5×183mm
●重量: 1050g
●価格: 27万1500円(税別)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.