大波乱のステージ8 ホンダのトップランカーが無念のリタイア

現地1月15日、サン・ファン・デ・マルコナ~ピスコ間の575km(内、スペシャルステージ360km)でステージ8が行われました。現在日本では冬真っ直中ですが、南米ペルーは真夏。ステージ中、ペルー独特の柔らかい砂と、40℃に達する気温が参加者たちを苦しめます。

このエリアはラリー序盤にも通過した場所ですが、そのルートやコース設定は前半のものとは全く異なるフォーマットで行われました。このステージ8では通常の2輪、4輪、トラックと分かれてスタートをする方式ではなく、2輪、4輪両カテゴリーの上位10台が混合してスタートする方法が取られました。

画像: 昨年王者のマティアス•ウォークナー(KTM)がステージ8で勝利。この結果によって総合順位も3位までアップしました。

昨年王者のマティアス•ウォークナー(KTM)がステージ8で勝利。この結果によって総合順位も3位までアップしました。

画像: レース後のインタビューに応えるマティアス•ウォークナー。レース中盤はややローペースでトップ5内に入ることもあまりありませんでしたが、安定したレース展開で気がつけば総合3位。ステージ後半になって王者の貫禄を見せつけました。

レース後のインタビューに応えるマティアス•ウォークナー。レース中盤はややローペースでトップ5内に入ることもあまりありませんでしたが、安定したレース展開で気がつけば総合3位。ステージ後半になって王者の貫禄を見せつけました。

このステージを先頭でスタートを切ったのは、ホンダのホセ・イグナシオ・コルネホでした。コルネホは終始先頭でステージを切り開きます。終盤、このステージで4輪カテゴリーの8位に入るステファン・ペテランセル(ミニ)に追い抜かれるものの、フィニッシュ直前には砂丘でスタックしたペテランセルを再び追いこしました。

総合1位がまさかのリタイア。ダカールラリーは何が起こるか分からない

しかし、これまで総合1位だったホンダのエース、リッキー•ブラベックをこの日、不運が襲います。リーダーボードで2位に8分近い時間差をステージ7までに築いたブラベックは、力強い走りでそのマージンをさらに稼ぐ決意でこのステージに臨みました。しかし、ブラベックのマシンはウエイポイント1を通過してまもなくマシントラブルに見舞われ、ラリーの継続ができず無念のリタイアとなってしまいました。マシントラブルの原因は今のところ不明ですが、主催者の発表ではエンジントラブルでストップしたとのことです。

画像: ステージ8でこれまで順調なレース展開で総合1位だったリッキー•ブラベック(ホンダ)に悲劇が襲います。ここれまでのラリーを冷静かつ力強い走りでリードしてきたアメリカ人ライダー、リッキー・ブラベックがマシントラブルでラリーを去ることになってしまいました。

ステージ8でこれまで順調なレース展開で総合1位だったリッキー•ブラベック(ホンダ)に悲劇が襲います。ここれまでのラリーを冷静かつ力強い走りでリードしてきたアメリカ人ライダー、リッキー・ブラベックがマシントラブルでラリーを去ることになってしまいました。

レース後のインタビューでリッキー•ブラベックは次のようにコメントしました。
「とても残念です。なんと言えばいいのか分かりません。しかし、総合でトップになったのはすごいことでした。チームが私たちをサポートしてくれて本当にうれしいです。いい雰囲気と私への信頼が感じられました。それが、私がこのレースですばらしい日々を送れたことの助けになりました。実力を示すことができた戦いに満足しています。来年は今回以上のモチベーションを持って次のダカールに戻ってきます」

画像: ステージ8を2位でクリアし、総合順位も2位に付けている、ハスクバーナのP.クインタニラ。現在総合トップのトビー•プライス(KTM)とのタイム差はわずか1分3秒とまだまだ優勝の可能性を充分に秘めています。

ステージ8を2位でクリアし、総合順位も2位に付けている、ハスクバーナのP.クインタニラ。現在総合トップのトビー•プライス(KTM)とのタイム差はわずか1分3秒とまだまだ優勝の可能性を充分に秘めています。

画像: 現在総合1位に位置するKTMのエース、トビー•プライスはステージ8で3位。2019年ダカールラリー優勝に王手をかけました。

現在総合1位に位置するKTMのエース、トビー•プライスはステージ8で3位。2019年ダカールラリー優勝に王手をかけました。

画像: 昨年はマシントラブルで惜しくもリタイアになってしまった、ヤマハのエイドリアン•ファン•ビファレンはステージ8を5位でクリアし、総合順位も4位になっています。

昨年はマシントラブルで惜しくもリタイアになってしまった、ヤマハのエイドリアン•ファン•ビファレンはステージ8を5位でクリアし、総合順位も4位になっています。

画像: レース後のインタビューに応える、エイドリアン•ファン•ビファレン(ヤマハ)。トップとのタイム差は約9分。このまま順調にレースを進めれば表彰台も充分狙える位置です。

レース後のインタビューに応える、エイドリアン•ファン•ビファレン(ヤマハ)。トップとのタイム差は約9分。このまま順調にレースを進めれば表彰台も充分狙える位置です。

画像: GPSトラブルでウェイポイント(必ず通過しなければならないポイント)を何度も通過したにも関わらず上手く計測されず、かなりのタイムロスになってしまったケビン•ベナバイズ(ホンダ)。ステージ8は8位でクリアしたものの、総合順位は14位まで下がってしまいました。オーガナイザーの適切な措置が行なわれれば、このタイムロスが挽回出来るかもしれません。

GPSトラブルでウェイポイント(必ず通過しなければならないポイント)を何度も通過したにも関わらず上手く計測されず、かなりのタイムロスになってしまったケビン•ベナバイズ(ホンダ)。ステージ8は8位でクリアしたものの、総合順位は14位まで下がってしまいました。オーガナイザーの適切な措置が行なわれれば、このタイムロスが挽回出来るかもしれません。

ステージ8 リザルト

1. M.ウォークナー(KTM)03:55'25
2. P.クインタニラ(ハスクバーナ)03:56'10 +00:00'45
3. T.プライス(KTM)03:56'38 +00:01'13
4. A.ショート(ハスクバーナ)04:05'16 +00:09'51
5. A.ファン・ビファレン(ヤマハ )04:07'13 +00:11'48

【暫定総合順位】
1. T.プライス (KTM)28:53'08
2. P.クインタニラ(ハスクバーナ)28:54'11 +00:01'03
3. M.ウォークナー(KTM)28:59'43 +00:06'35
4. A.ファン・ビファレン(ヤマハ)29:03'02 +00:09'54
5. A.ショート(ハスクバーナ)29:32'35 +00:39'27

画像: Summary - Bike/Quad - Stage 8 (San Juan de Marcona / Pisco) - Dakar 2019 www.youtube.com

Summary - Bike/Quad - Stage 8 (San Juan de Marcona / Pisco) - Dakar 2019

www.youtube.com

ダカールラリー2019も、残すステージは2つ。明日のステージ9はピスコ周辺に設定されたループルートであり、競技区間313kmを含む409kmで行われます。最終日の競技区間が112kmと短いことを考えれば、明日のステージ9は今回のラリー最大の山場となるでしょう。そのスタート方式は、ステージ5でも行われた、モトクロススタイルの一斉スタートが予定されています。いよいよ2019のダカールラリーも最終章。最後まで目が離せません!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.