2019年1月16日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンがティグアンの一部仕様変更を発表、全国の正規ディーラーで販売を開始した。

フォルクスワーゲンの先進 SUVにふさわしい変更

今回の一部変更のポイントは、先進的なコンパクト SUVにふさわしい安全性、快適性の強化。

具体的には、エントリーグレードであるガソリン仕様の「TSI Comfortline」とディーゼル仕様の「TDI 4MOTION Comfortline」の2グレードでは、これまでオプション設定だった渋滞時追従支援システム“Traffic Assist ”やレーンキープアシストシステム“ Lane Assist ”など、好評の「Safetyパッケージ」を標準装備した。

また、上級グレードの「TSI Highline」「TSI R-Line」「TDI 4MOTION Highline」「TDI 4MOTION R-Line」では、標準装備であるデジタルメータークラスター“Active Info Display”を最新世代にアップデート。画質の向上のほか、ナビゲーション画面を全画面表示できるなど使い勝手も向上させている。

これに伴い、車両価格はティグアンTSI Comfortlineが369万9000 円、ティグアン TSI Highline が450万9000 円、ティグアンTSI R-Line が481万 円、ティグアン TDI 4MOTION Comfortlineが 417万9000 円に変更された。新型ティグアンは、1月16日より販売が開始されている。

画像: ティグアンTDI 4MOTION R-Line

ティグアンTDI 4MOTION R-Line

画像: ティグアンTDI 4MOTION Highline

ティグアンTDI 4MOTION Highline

画像: 従来はComfortlineではオプション設定だったレーンキープアシストシステム“Lane Assist” 。

従来はComfortlineではオプション設定だったレーンキープアシストシステム“Lane Assist” 。

画像: 渋滞時支援システム“Traffic Assist” もComfortlineに標準装備されることになった。

渋滞時支援システム“Traffic Assist” もComfortlineに標準装備されることになった。

画像: Highline、 R-Lineに装備されるデジタルメータークラスター“Active Info Display”は最新仕様にアップデート。

Highline、 R-Lineに装備されるデジタルメータークラスター“Active Info Display”は最新仕様にアップデート。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.