開催中の2019年デトロイトショー(北米国際自動車ショー)で、日産のEV(電気自動車)コンセプトカー「Nissan IMs」が世界初公開された。日産のインテリジェントモビリティ思想を具現化した1台だ。

既成概念を超えたパッケージとパワートレーン技術

一見して、アナザーワールドに引き込まれる日産のEVコンセプトカー「Nissan IMs」。そのフォルムは、セダンだとかクーペだとか、SUVといったこれまでのクルマに用いられていた概念で語ることはできない。新種出現といってもいいかもしれない。

画像: 開発コンセプトは、「従来の乗用車のプラットフォームやパッケージに捉われない」。

開発コンセプトは、「従来の乗用車のプラットフォームやパッケージに捉われない」。

未来志向を感じさせる滑らかな面とシンプルな縦横のラインは、日本の職人技が活かされているという。日本伝統の「麻の葉」柄も「Nissan IMs」のデザインのキーワードのひとつとなっている。ルーフのスモークガラスの表面やホイールなどのデザインに麻の葉」柄由来の幾何学模様が取り入れられている。先進性と日本の伝統の融合といえるだろう。

画像: 駆動は4WD。路面の状況と運転モードに合わせて乗り心地とハンドリングを調整する最新式サスペンションを搭載。

駆動は4WD。路面の状況と運転モードに合わせて乗り心地とハンドリングを調整する最新式サスペンションを搭載。

室内は、「2+1+2」というユニークなレイアウトで広々空間を生み出している。自動運転時には、フロントシートを内側に15度回転させ、後部座席と会話を楽しむ配置にすることができる。

画像: 後席は両側にアウトボードシートを用意。プレミアム感満点だ。

後席は両側にアウトボードシートを用意。プレミアム感満点だ。

パワートレーンは、フロントとリアに高性能のモーター(最高出力360kW/最大トルク800Nm)と115kWhの大容量バッテリーが担う。一充電当たり約608km走るということで、不安なくロングドライブを楽しむことができる。

画像: ステアリングは、自動運転中は格納することができる。

ステアリングは、自動運転中は格納することができる。

夢の詰まった日産のEVコンセプトカー「Nissan IMs」。現実の1台となる日もそう遠くないかもしれない。各社のインテリジェントモビリティ競争は、さらに激化しそうだ。

■「Nissan IMs」主要諸元

●全長×全幅×全高=4845×1900×1500mm
●ホイールベース=2900mm
●駆動=4WD

■動画でもご覧できます

画像: 日産EVコンセプトカー「Nissan IMs」 youtu.be

日産EVコンセプトカー「Nissan IMs」

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.