デトロイトショーで新型スープラが発表。期待どおり? それとも期待外れ? 事前情報ではかなりの高額車になると予想されていたが、北米では意外やリーズナブルな価格設定が発表された。
画像: 直6ターボエンジン搭載の北米仕様「ローンチエディション」は、装備充実にもかかわらず$55,250〜(≒600万円)と発表された。予想を大幅に下回る価格だけに、今春の国内発表が楽しみだ。

直6ターボエンジン搭載の北米仕様「ローンチエディション」は、装備充実にもかかわらず$55,250〜(≒600万円)と発表された。予想を大幅に下回る価格だけに、今春の国内発表が楽しみだ。

今回明らかになったのは3リッター直6DOHCターボ車(=日本でのグレード名はRZ)の価格。事前情報では邦貨換算で700万円を超えると言われていた車両価格は、なんと$49,990〜(≒542.5万円〜)というもの。さらに充実装備の特別仕様ローンチエディションでも$55,250〜(≒600万円)だ。

当然、日本で発売される4気筒モデル(SZ-RとSZ)はもっとお安くなると予想される。

新型スープラはオーストリアで生産されるので輸送費はかかるし、為替レートの関係もあるので北米仕様と日本仕様が同一価格になるわけではないけれど、2リッター直4DOHCターボ搭載のベーシック・グレードなら400万円台も期待出来そうだ。日本での正式発表は今年の春だから期待して待ちたいね!

画像: 【トピックス】予想よりかなり安いかも!? 新型スープラの国内販売価格
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.