4気筒エンジンに前後17インチホイールで、オンロードをメインとしたロングツーリングが快適かつスポーティに楽しめそう!

カワサキが、スポーツライディングとツーリングを楽しむための、オールラウンドなアドベンチャーモデル「VERSYS 1000 SE」の国内正規販売を発表しました!

排気量1,043㏄の水冷4ストローク並列4気筒を搭載し、リラックスした姿勢で乗れるため、長距離ツーリングでの快適性はすこぶる高いことでしょう。

軽量なアルミニウム製フレームと前後17インチホイールを装備し、スポーツ走行も楽しめる仕様だということがうかがえます。

この車両のコンセプトは「ANY ROAD ANY TIME」。まさにアドベンチャーモデルらしく、あらゆる道をいつでも満喫できることを念頭に造られたのです。

発売予定日は2月1日(金)、メーカー希望小売価格は186万8,400円(消費税8%込み)となります。

【主なスペック】
全長×全幅×全高:2,270×950×1,490mm(ハイポジションは1,530mm)
ホイールベース:1,520㎜
最低地上高:150㎜
シート高:820㎜
車両重量:257㎏
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:1,043㏄
ボア×ストローク:77.0×56.0㎜
圧縮比:10.3
最高出力:88kW(120PS)/9,000rpm
最大トルク:102N・m(10.4kgf・m)/7,500rpm
燃料タンク容量:21L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:217.00゜
トレール量:106㎜
タイヤサイズ(前・後):120/70ZR17M/C (58W)・180/55ZR17M/C (73W)
ブレーキ形式(前・後):ダブルディスク・シングルディスク

画像: 1,043㏄の水冷4ストローク並列4気筒エンジンは、優れたスロットルレスポンス、全回転域(特に低中回転域)において強力なトルクを発揮。吸気系には電子制御スロットルバルブを採用し、スムーズな出力特性を実現しました。

1,043㏄の水冷4ストローク並列4気筒エンジンは、優れたスロットルレスポンス、全回転域(特に低中回転域)において強力なトルクを発揮。吸気系には電子制御スロットルバルブを採用し、スムーズな出力特性を実現しました。

画像: 電子制御スロットルシステムを採用し、スムーズで自然なスロットルレスポンスと出力特性を実現。

電子制御スロットルシステムを採用し、スムーズで自然なスロットルレスポンスと出力特性を実現。

画像: ホイールは前後17インチで、ワインディングでもスポーティな走りが楽しめるでしょう。サスペンションを長めにすることで、走破性の向上を図っています。積極的にオフロードを楽しむ仕様ではありませんが、キャンプ場の入口などちょっとした未舗装路は問題なさそうです。

ホイールは前後17インチで、ワインディングでもスポーティな走りが楽しめるでしょう。サスペンションを長めにすることで、走破性の向上を図っています。積極的にオフロードを楽しむ仕様ではありませんが、キャンプ場の入口などちょっとした未舗装路は問題なさそうです。

画像: リヤサペンションも152mmのロングストロークを確保。

リヤサペンションも152mmのロングストロークを確保。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.