2年連続日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞、ボルボの存在感はますます高まっているが、そのニューモデルはどんなものが期待されるのか。大きな注目が集まっている。

新型S60が上陸、V60とともに2019年ニューモデル戦線の主役に

2017年にXC60、2018年春に新しいコンパクトSUVとなるXC40を投入、さらに2018年秋には新型V60を導入するなど、ボルボの攻勢はとどまるところを知らない。

2019年はまず話題の新型V60シリーズのラインナップ充実が大きなニュースとなりそう。電動化を進めるボルボらしく、ふたつのプラグインハイブリッドモデル「V60 T6」「V60 T8」がスタンバイ、人気のクロスオーバーSUV「V60クロスカントリー」を待ち望んでいるファンも多いはずだ。

その一方で、フラッグシップとして君臨するXC90のディーゼルモデル追加も注目される。235psの2L 直4エンジンを搭載すると見られるが、その効率の良いパワートレーンによりXC90の人気は再び加速しそうだ。

ニューモデルとしては、8年ぶりのフルチェンジとなるミッドサイズセダンの「S60」の日本上陸がありそうだ。アメリカに新しく建設された工場ですべての車両が生産されること、ディーゼル仕様を設定しないことが話題となっているが、このところプロダクトの魅力が際立つボルボのニューカマーだけに日本導入が待ち遠しいところだ。ユーザーのニーズをキャッチアップした魅力的なクルマ作りを進めて成功しているボルボ、2019年の目玉はV60/S60となるだろう。

もうひとつ、興味深いのが、噂が持ち上がっている「V40」のフルモデルチェンジだが、その詳細はまだ見えてこない。

画像: V60に追加されるふたつのプラグインハイブリッドがT6とT8。日本には2019年春に上陸が予想される。T6はガソリンエンジンとハイブリッドのシステム合計出力が340ps。T8は390psだ。V60に使われているSPAプラットフォームは、最初から電動化が想定され、現行モデル以降のボルボは、すべてプラグインハイブリッド化が可能になっている。

V60に追加されるふたつのプラグインハイブリッドがT6とT8。日本には2019年春に上陸が予想される。T6はガソリンエンジンとハイブリッドのシステム合計出力が340ps。T8は390psだ。V60に使われているSPAプラットフォームは、最初から電動化が想定され、現行モデル以降のボルボは、すべてプラグインハイブリッド化が可能になっている。

画像: 新型V60にクロスカントリーが追加設定されるのは2019年4月から5月ごろとなりそう。車高が高められ、シャシのチューニングも最適化されている。パワートレーンは190〜250psのガソリンとディーゼルで8速ATとの組み合わせる。もちろん駆動は4WDで、今後はマイルドハイブリッドおよびプラグインハイブリッドが追加される予定だ。

新型V60にクロスカントリーが追加設定されるのは2019年4月から5月ごろとなりそう。車高が高められ、シャシのチューニングも最適化されている。パワートレーンは190〜250psのガソリンとディーゼルで8速ATとの組み合わせる。もちろん駆動は4WDで、今後はマイルドハイブリッドおよびプラグインハイブリッドが追加される予定だ。

画像: ボルボのSUVのフラッグシップとなるXC90には、現在ガソリンエンジンとプラグインハイブリッドが設定されているが、これに2019年春ごろにディーゼルモデルが加わる。欧州で販売されているのは最高出力235ps/最大トルク480Nmの2L直4モデル。トルクフルで燃費性能に優れるので人気モデルとなりそうだ。

ボルボのSUVのフラッグシップとなるXC90には、現在ガソリンエンジンとプラグインハイブリッドが設定されているが、これに2019年春ごろにディーゼルモデルが加わる。欧州で販売されているのは最高出力235ps/最大トルク480Nmの2L直4モデル。トルクフルで燃費性能に優れるので人気モデルとなりそうだ。

画像: ボルボのミッドサイズセダン新型「S60」。本国では2018年6月に発表されている。この新型モデルは、アメリカのサウスカロライナで生産され、ボルボとしては初めてディーゼルエンジンを搭載しないモデルとなる。エンジンはT5とT6のガソリンとプラグインハイブリッドとなる。

ボルボのミッドサイズセダン新型「S60」。本国では2018年6月に発表されている。この新型モデルは、アメリカのサウスカロライナで生産され、ボルボとしては初めてディーゼルエンジンを搭載しないモデルとなる。エンジンはT5とT6のガソリンとプラグインハイブリッドとなる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.