ライダーシートがブラウンになった!

スズキはSV650X ABSとともに、ネオレトロな外観の「SV650X ABS」のニューモデルを発表した。

画像1: ライダーシートがブラウンになった!

主な変更点は、カラーリング、ブレーキキャリパの2ポットから4ポット化、マフラーカバーのデザインとなる。

諸元と価格に変更はない。

カラーリング展開はこれまで同様、メタリックグレーの1色のみ。

画像2: ライダーシートがブラウンになった!

上が2019年モデルで、下は2018年モデル。

画像: 上が2019年モデルで、下は2018年モデル。

カラー名「オールトグレーメタリックNo.3(QEB)」はそのままのため、タンクやカウルの実際の色みは変わらないものの、シートがくっきりとしたツートンカラーに変化。肉抜きが施されていたマフラーカバーは、ベーシックなものに変更されている。

【主なスペック】
全長×全幅×全高:2,140×730×1,090㎜
ホイールベース:1,450㎜
最低地上高:135㎜
シート高:790㎜
車両重量:197㎏
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量:645㏄
ボア×ストローク:81.0×62.6㎜
圧縮比:11.2
最高出力:76.1PS/8,500rpm
最大トルク:6.5㎏f・m/8,100rpm
燃料タンク容量:14L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:25゜00′
トレール量:106㎜
タイヤサイズ(前・後):120/70ZR17M/C (58W)・160/60ZR17M/C (69W)
ブレーキ形式(前・後):ディスク・ディスク
税込価格:78万1,920円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.